ゲイ小説「たかしのとなり」

たかしのとなりの席にはたかしが座っていた。磯部隆と甲谷孝だった。二人は高校二年生で、二人とも野球部で、さらに同じことに、二人とも坊主頭だった。野球部だから、二人とも坊主頭は当たり前なのかもしれないが。二人は野球部の中でも特別仲が良く、気が合っていた。いつも二人で連れ立っていたし、二人が一緒にいるのを目撃する生徒は多かった。おまけに教室での席が隣だった。
 二人はお互いのことを意識していたのかもしれない。それは当然のことだ、これだけ連れ立って歩き、肩がぶつかったり、時には冗談めかして相手の肩を抱き寄せる仲だもの。
 ある日、磯部は甲谷に言った。
「あの…、俺、実はゲイかもしれんのじゃ…。甲谷のこと、好きかもしれんのじゃけど…。こういうのってゲイ的なんよね?」
 尋ねられた甲谷は、磯部に答えた。
「ほうなん? オレも実は…ゲイよ、磯部。磯部と普段から感覚が同じじゃけ、もしかしてそうなんかの、って思っとったけど、まさか磯部がゲイって…」甲谷孝はしばし間を開け、口ごもるように続けた。「磯部のこと嫌いじゃないけど、オレには他に好きな人がおるんじゃ…」
 磯部は驚いた。磯部はそれなりに甲谷からの好意を感じ、甲谷から好かれていることについては自信があったのだ。それなのに他に恋する男がいたとは。
 磯部は甲谷より一回り大柄で少し厳つい顔をしていたが、愛嬌もある顔だった。磯部はすねるように尋ねた。
「野球部のやつなん?」
 甲谷はまだあどけなささえ残る幼顔だが、この頃急に大人びた顔になってきた。甲谷はまるでこともなげに答えた。
「いや、学校の近所で犬の散歩しよるおじさん」
「ほうなんか…。俺ら仲がええけん、てっきり甲谷も俺のこと好きなんか思うて告白したんじゃけどの…。ショックじゃけど、俺がそのおじさんに話しかけてやろうか? 告白したいんじゃろ?」磯部は言った。二人は放課後、他の生徒がいなくなった教室の机に腰掛けて話していたのだった。
「どうしたらええんかわからん…。オレ、お父さん、早うに亡くしておじさんコンプレックスじゃし、あのおじさん、優しそうなけん、なんか気になるんよね。磯部の気持ちは嬉しいけど、磯部は特別な友達って感じかの」
「そのおじさんに話しかけてみようや。俺が話しかけてやるけん、明日一緒に行こうや」
「うん…」
 そして翌朝、わたしが犬の散歩をしていると、この二人がやって来たのである。二人は学ランを着て街路の電柱のそばに立っていた。二人は学ランだった。暑い夏はもうすぎて、光降る秋になったのだ。光はあちこちで囁いていた。まるですべてを瀬戸内の陽光で染めるように。太陽から旅立ち、命を削って色彩に命を与える光たち。
「あのう…。すいません、俺の友達がおじさんのこと好きじゃ言いよるんじゃけど」
「ん?」わたしは立ち止まった。少し後ろには坊主頭で、少し目は垂れているがとても整った顔立ちの、何度か見かけた顔がある。二重まぶたで背はわたしよりも低い。ああ、いつもすれ違うとき挨拶してくれるあの子か、とわたしは思った。
 磯部は言い訳を始めた。
「ほんまは俺がこいつのこと好きじゃったんじゃけど、コクったら、こいつがおじさんのこと好きじゃ言うけん、伝えに来ました!」
 わたしは笑った。
「ほんじゃ、3Pしようか」
「え!」二人はギョッとした。



続きを読むには電子書籍で☺️

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1486987663

Kindle ↓

たかしのとなり

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中