ゲイ小説「溺れる白鳥」

作・リュッツォ

 わたしは溺れる白鳥だった。年老いた、白鳥だった。あの瞬間、わたしは確かに溺れる白鳥だった。
 白鳥だったわたしは、水底に沈みきる直前の湖の底の方に静かに漂い、湖面を見上げていた。湖面は青ざめていて、けれどもわたしを取り囲む水はまっくら闇だった。
   波すらないほど静かな湖だった。
 年老いた白鳥は、水底へと向かってゆっくりと沈んでゆくところだった。水底は暗く穏やかで、わたしは安置された死体のような心持ちだった。ようやく、終われるのだと感じていた。


 そこに現れたのは、青い神性だった。
 あの顔に初めてご尊顔かなって、わたしは目覚めたのだった。


「上見て!」かの人は言った。
 わたしは上を見た。その時だけ意識が戻り、かの人に従った。


 二年前の年末に、わたしは薬物の副作用で気絶して錯乱してしまい、救急車で運ばれた。救急隊から見ても、医師から見ても、看護師たちから見ても、わたしは目を見開いて錯乱し、震えている状態だった。しかし、わたしの頭の中では闇のイメージ映像が流れていた。
 それは不可思議な体験だった。まっくらな闇の中で、死へのイメージ映像だけが流れてゆく。わたしはそのイマージュの中で、これから死んでしまうのだろうと、確かに意識していた。だから意識不明ではなかったはずだ。錯乱はしていたけれど、わたしの中では確固とした死へのイメージがあった。わたしは黒い一点へと回帰してゆく最中で、おそらくそれがわたしの最終の地点なのだろうと思いを巡らせていた。
 その深くて暗い湖の中、ただじっと、次の輪廻転生を待ちわびる気分で最後を待っていた。


 そこに、光が当てられたの。
 かの医師が、見開かれたわたしの瞳にライトを当てたのだった。
「上見て!」
 わたしはと言えば、まだ水底にたどり着く手前の湖の底の方から、かの医師を見上げていた。湖の中にひたっている印象だけにひたり、瞳の水晶体の周囲円がまるで湖面のフチに見えた。
 わたしから見たら、湖の上から青い服を着た男が溺れる白鳥を覗き込んでいるように見えた。
 瞳にライトを当てられたわたしは、彼の言葉に従って上を見た。
 そしてまた錯乱状態に陥った。





続きを読むには電子書籍で☺️

Kindle ↓ Kindle Unlimited参加中😃

溺れる白鳥

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中