小説

*当サイトでは、有料、無料に関わらず、BL小説、ゲイ小説、ゲイ雑誌掲載作品、その他純文学小説をApple BooksとKindleにて扱っております。

無料で読める小説含め、今あるものはすべてApple BooksとKindleにアップロードしました😊

*小説につきましては、同性愛的な内容を含み、基本的に18歳未満の閲覧はご遠慮いただく内容です。

以下のURLをクリックするか、Apple Booksで”リュッツォ”で検索していただけると書籍が出てきます😊iOS端末の方はこれが一番早いと思います🙂

https://books.apple.com/jp/author/リュッツォ/id1466157835

Apple Booksには無料のものもありますので😊

現在、Apple Booksでは作品のサンプルページを出来るだけ長く読めるようにしていますので、サンプルページで読んで参考にしていただけたら幸いです☺️

Kindle出揃いました🙂

https://www.amazon.co.jp/l/B07SGGYCFW

作品一覧は下にありますが、わたしの解説やお勧めを読むよりも、Apple Booksでサンプルページを読んだ方が自分で判断していただけると思います。Windows環境でも読めます。現在のところ、Android端末はまだのようです。

*当サイトでは、小説や長いテキストはApple Booksで公開していくことにしました。理由については下記の通り。

  1. このサイトはWord Pressで作られているが、htmlでは長い文章の表示が崩れる。コピペなどの単純作業ができないことがある(~_~;)
  2. Apple Booksでは縦書き表示で美しく表示できる。
  3. 無料公開しているものは誰でも読める。
  4. Apple Booksで電子書籍にしておけば、読者、著者ともに端末やクラウドに残せる。
  5. など🙂

*著作一覧。ゲイ小説、BL小説、純文学小説を上から新しい順に一覧にしましたので、電子書籍を選ぶ際にご参考にどうぞ🙂KindleはWordPressとの相性が悪くURLが貼れませんので、著作一覧から検索してくださいませ🙏無料の作品はApple Booksのみのお取り扱いとなります。ご了承願います🤲

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472709072

「上弦」。上弦とは半月の月のこと。ある日、初老の男のところに遠い親戚にあたる小さな男の子が訪ねて来る。おじさんは雪の思い出がありますか、と問う男の子に初老の男が嬉々として語り始めた相方の男性との思い出話。あまりストーリーのない幻想小説です。ゲイ小説と言えばゲイ小説です。無料。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472847277

「イラストレーター」。ゲイ雑誌に小説を投稿して、その小説が採用になった男性と、その小説のイラストレーターを務めた男性の恋愛小説。私の数多くの小説がゲイ雑誌に採用になったのは事実ですが、物語自体は完全にフィクションです。小説家と挿絵担当のイラストレーターが一緒に歩く物語でハッピーエンドです。300円

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472707492

「薔薇色に滅びゆく」。オリジナルゲイ小説。旅先のイタリアはフィレンツェのホテルのロビーで出会った端正な面立ちの男と、男の私のワンナイトスタンド。甘く誘う端正な男に圧倒されて男に溺れてしまう、短くあまりストーリーのない幻想BL小説です。無料。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472843182

「Stranger」。30代の青年同士の恋愛ゲイ小説。東京から大阪に転勤で来た主人公と京都のとある老舗の若旦那が恋仲になる。情景をさらっと描写した短編小説です。無料。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e38186e381bee3818fe6ad8ce38188e381aae3818fe381a6e38282e8a1a8e7b499-1.jpg です

Apple Books↓

http://books.apple.com/us/book/id1466179631

「うまく歌えなくても」。2002年タテイシユウスケ名義で発行した同人誌「うまく歌えなくても」。性描写はなし。恋人への恋しい気持ちを詩的に描いた作品です。月と交信するぬいぐるみとお喋りをしたり、ファンタジックな面もあります。原稿用紙15枚程度の小品。紙媒体の同人誌は500円で残部僅少。デジタルは200円。出だしはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e38284e38195e38197e38184e5a49ce8a1a8e7b499-1.jpg です

Apple Books↓

http://books.apple.com/us/book/id1472994066

「やさしい夜」。2004年執筆。30代半ばのゲイの日常のような日記のような長編小説。詳細は「雨の牙」のあとがきにありますが、「雨の牙」の主人公たちへのわたしなりの救いとして書いたものです。単独の長編小説として楽しめます。作品の運びや出来はまずまずで読みやすい文体を意識して書きましたが、主人公の性格がちょっと変な男です(^^;; 400円 出だしを読むにはこちら

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472839416

「Cold」。切ないけどハッピーエンドのBL小説。青年同士の恋愛小説。ゲイ小説です。昔関わりのあった友人とばったり出くわした主人公をクールに描いた、大人の青春小説みたいな作品です。性描写はありません。200円

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e38380e38396e383abe38396e383a9e382a4e383b3e38389e8a1a8e7b499-1.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1466177946

「ダブルブラインド」。上級者も満足していただける長編ゲイ文学です。2002年執筆。SMのハードな縛りの要素を取り入れた、男同士のカップル同士、四角関係をテーマにしたゲイ文学。時に異様な思考をするオレ、シュウは知的で繊細な正和と知り合い、恋に落ちる。そこへ医師の桜井とその恋人の船乗り・川本が絡み、四人は微妙な四角関係に陥る。一緒に旅行に行くことになった四人だが、シュウは川本に縛り調教され、自分の中に潜んでいた獣性を見出す。シュウを調教する「儀式」をしているうちに、川本は桜井との17年前の「秘密」を語り始める。不安定になってゆくシュウを懸命に支え尽くす正和の愛情。そして最後は…。原稿用紙370枚を超える本格長編ゲイ文学。わたしの中で最高の出来で、これで出し切った感がある作品です。性描写は激しいですが、煽る感じではなく描写に徹しています。縛りについては文章ですが、かなり高度なテクニックを作品に落とし込んでいます。この小説を執筆した時の話ですが、連載当初、連載小説ランキングに登録したところ、あらゆるジャンルを超えて1位になり、物語の性質上秘められた空間で書きたいと登録読者限定で連載した小説です。あとがきあり。800円 出だしを読むにはこちら

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472849188

「嘘つき」。20代序盤の男性と30代の男性の男同士の恋愛小説。中学の教員に猥褻行為を受け、あの生徒には虚言癖があると広められた、嘘つきというあだ名の主人公と、田舎町にこもって地図を描いている男の、切ないけれどハッピーエンドのゲイ小説。300円

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472849557

「TOXIC」。TOXIC(トクシック)とは劇薬、毒薬、劇毒性の、という意味。製薬企業の研究所の、劇薬倉庫で交わされる男同士の恋愛小説。ゲイ小説になります。鼻につく文体で悲劇のヒロインぶっている、みたいな評論をつけられた作品ですが、舞台や物語の悲恋の性質上、香り高い文章で綴る必要のあったゲイ小説です。救いのない悲恋に終わる物語です。200円

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472709558

「弧」。*純文学青年青春小説。「調香室」運営時にネットでお世話になったAkiraさんという男性に捧げた小説です。青年期にありがちな家族への苛立ち、異性の友達への複雑な感情をオートバイで走って見える光景を通じて描いた小説。200円

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472821258

「羽ばたく」。転職を機に会社を去るときの送別会で、憧れだった同性に気がかりな思いを感じるゲイ男性の物語。同性への憧れや切なさ、気がかりな思い、一緒に働いた仲間意識と去るときの気持ちを丁寧に描いた、性描写のないゲイ小説です。200円

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472709981

「黒装束」ゲイ小説。男同士の性描写だけで、どこまで人間の業の深さを描けるか実験した、アプローチとしてはデュラス的な、文学作品とも言えます。ほぼすべて単調で淡々とした冷淡な性描写でどこまで心理を描けるか実験した実験的なゲイ小説です。心に深い傷を負う男同士のつながりを淡々と描いた小説です。150円

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1471470098

「カルネバーレ – 男たちの謝肉祭」。カルネバーレとはカーニバルのラテン語読み。テロで騒然とするロンドンから始まり、謝肉祭のカーニバルにざわめくヴェネツィアへと舞台が写る本格ゲイ文学。水をテーマに景色を繊細に描写し、その中で揺れる、ゲイ独特の同性友人への嫉妬、憧れ、恋心、そして友人の恋人への誘惑、など感情を繊細に描写した小説です。性描写はありますが、エロ目線で読む感じではなく、このジャンルに馴染みがない方でも文章を読むのが好きな方にはお勧めです。仕掛けられたトリックなどが随所に散りばめられた小説作品です。前半ゆっくりと進みますが、後半で畳み掛けるように展開していきます。500円

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472838681

「Precious Moments – 大切な瞬間に捧げる祈り」。若い男性同士の恋愛小品集。全体としては原稿用紙25枚くらいの短編で、10の小品集になります。切ない感じ、独特の空気感があります。作品によっては18禁になります。無料。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1471485235

「あばずれ 」。*純文学小説。ある種のリアル小説。性風俗に勤めているが男が好きではなく、レズビアン自認まではいかない女性とゲイの純文学小説。九十年代の後半の東京を舞台に、ゲイ男性とつるみたがる性風俗嬢の物語を綴っています。長編純文学小説。二人の間に横たわる性愛のない絆。夜を笑い飛ばす孤独と虚無感を描いています。あまり意味をなさない、著者三十代前半の長編小説です。400円

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e382b9e38388e383ade383bce382afe8a1a8e7b499.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1469662397

「ストローク」。ひなびた斜陽の町で繰り広げられる、男同士の出会いから別れまでを丁寧で繊細な文章で綴った作品です。ゲイ雑誌Badi2001年3月号掲載短編ゲイ小説。掲載時筆名はタテイシユウスケ。性描写はとても淡白ですが、感情や景色を繊細に綴っています。350円 出だしを読むにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e38389e383bce383b3e38396e383ace382a4e382afe382bfe383b3e382b4e8a1a8e7b499.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1468210902

「ドーン・ブレイク・タンゴ – 夜をあきらめない男たち」。Badi2000年12月掲載ゲイ小説。性描写は控え目なハード・ボイルド・タッチの作品です。類稀なる才能を持っていたのに全てを台無しにした男と、離れてゆく取り巻きの中で残った青年のやるせない物語。低いトーンに抑えて綴った作品です。400円 少し読んでみるにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e38199e3818de381a8e3818ae3828be38082e8a1a8e7b499.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1469864559

「すきとおる。」。Badi2000年10月掲載ゲイ小説。ゆったりとした浮揚感のある文体で丁寧に綴ったハッピーエンドの作品です。恋のきっかけ、恋人に理解してもらえないもどかしさで孤独を感じる主人公が、恋人に描いていた幻影をふとしたきっかけで振り切るような物語です。性描写は淡々と控え目です。500円 出だしを読むにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e381bfe3819ae3818ee3828fe8a1a8e7b499-1.jpg です

Apple Books

http://books.apple.com/us/book/id1472992421

「みずぎわ」。ゲイ雑誌Badi2000年5月号掲載作品。第9回バディ小説大賞特別賞受賞作品。港町を舞台に繰り広げられる友情と恋愛感情、友人の恋人との揺れる三角関係を描いた作品。小説作品としてのクオリティーを評価されましたが、読者からは「難解だ」と言われ特別賞に繰り下げられた曰く付きの作品です。いわゆる「やおい」のやまなしおちなし意味なしを文学的に綴った独特の空気感があります。出来栄えやアプローチについては自信作です。性描写は淡々としています。原稿用紙60枚くらいの中編。あとがきあり。400円 一部抜粋を読むにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e8aabfe9a699e5b8abe8a1a8e7b499-1.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1466459404

「調香師」。Badi2000年2月号掲載作品。香料会社に勤める僕はふと目が合った調香師と恋に落ちる…。調香師・川本は既婚者だがゲイで、二人は未来のない恋を嘆きながら、急かされるように体を重ねる。二人に未来はあるのか…。切ない恋愛を、「独特の透明感を持っている」と称された文体で綴る、感情を抑えた短編ゲイ小説。400円 まずはこちらの作品がオススメです。バディ小説大賞本命と言われていた作品です。出だしはこちら

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1471487002

「海亀の眼」。*純文学小説。ゲイとレズビアンの物語です。進行は平坦ですが、心は愛し合っているのに体で愛し合えない究極の禁断の愛の物語。舞台は九十年代の鄙びた漁師町。小さな町で男女の心中事件が起きたことが話題になっている。そこへ訪れたゲイの若い男とレズビアンの年上の白人女性。二人は田舎町独特の閉鎖感の狭間で二人の物語を綴り、地元の人たちと少し接する。田舎町の閉塞感を淡々と描いた、読者からマルグリット・デュラスの影響を受けているのではないかという指摘を受けた純文学小説。長編。フランス文学のような退廃的な空気感。愛し合いながら生愛に苦悩するゲイ男性とれずビアン女性の物語りです。500円

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e99ba8e381aee78999e8a1a8e7b499-1.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472993411

「雨の牙」。薔薇族2000年1月、2月連載作品。1997年執筆。ホワイトカラーの勇一はひょんなきっかけで肉体労働者の竜二と出会う。最初は竜二を見下していた勇一だったが、竜二の優しさに接するうちに愛し合うようになる。しかし竜二には雨が降ると悪魔が降り立ち…。二人の間の悲劇を丁寧に描いています。ラストについては色々な声が届いたので、それについて後書きで記してあります。性描写は濃厚です。原稿用紙100枚の長編。原稿用紙100枚となると基本的に雑誌での掲載は難しいのですが、作品を認めていただき、2年間待って連載スケジュールを組んでくださった傑作です。600円 出だしを読むにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e381bbe381bbe381abe3818be3818be3828be6b699e3838ee383bce3839ee383abe8a1a8e7b499.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1468854105

「ほほにかかる涙」。薔薇族96年3月号掲載ゲイ小説。タイトルはイタリアのカンツオーネの曲から取ったもの。勇作と美形の正雪はお互いに好意を持っているのにうまく表せずにお互いに割り切りの関係だと言い訳する。焦ったい切ないラブロマンスをとにかくロマンティックに描いた安定のハッピーエンドです。掲載時筆名は白井俊介。こちらは表紙がフリー素材版で、イラスト版と内容は同じです。価格も同じなのでお好きな方をお選びください。400円 試し読みするにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e381bbe381bbe381abe3818be3818be3828be6b699e382a4e383a9e382b9e38388e8a1a8e7b499.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1468854468

「ほほにかかる涙」。薔薇族96年3月号掲載ゲイ小説。タイトルはイタリアのカンツオーネの曲から取ったもの。勇作と美形の正雪はお互いに好意を持っているのにうまく表せずにお互いに割り切りの関係だと言い訳する。焦ったい切ないラブロマンスをとにかくロマンティックに描いた安定のハッピーエンドです。掲載時筆名は白井俊介。こちらは表紙がイラスト版で、ノーマル版と内容は同じです。価格も同じなのでお好きな方をお選びください。400円 試し読みするにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e58d92e6a5ade69785e8a18ce8a1a8e7b499.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1468056417

「卒業旅行 – ふたりだけの一夜」。薔薇族96年1月掲載ゲイ青春小説。大学生の主人公はアメフト部の同級生に片思いの恋をしている。四年間も思いつめていた片思い。彼のことを見つめるだけで切ない日々を送っていた主人公。どうしていいかわからないまま時だけが流れて卒業を迎えようとするとき、二人だけで過ごす一夜が訪れた。ふたりだけの一夜。せつない片思いを描いた小説です。性描写なし。薔薇族掲載時筆名は広岡智彦。薔薇族での副題は「ふたりだけの一夜」でした。出だしを読むにはこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e79c9fe5a49ce4b8ade381aee99ba8e8a1a8e7b499-1.jpg です

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1466154989

「真夜中の雨」。薔薇族1995年1月号掲載ゲイ小説。新宿二丁目で知的で都会的な孝志と出会った智は順調に交際していたが、孝志の友人で正反対のワイルドなタイプの健次に無理やりレイプされてしまう。そして三人は微妙な三角関係となる…。主人公智はもちろん孝志を愛し、孝志にも愛されているが、健二の情にもほだされてしまう智。結末はどうなるのか、当時の薔薇族のテンションの性描写を交えながら送るストーリ性の高い短編小説。ポルノというよりはノベルになります。ストーリーは起伏があり楽しんでいただけると思います。原稿用紙約40枚。筆者処女作品。あとがきあり。400円 出だしを読むにはこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中