黒装束

 始まりは、窓辺にかかった白いシャツの幻影だったかもしれない。
 目をさますとすぐ、カズマが隣にいないと気付いた。けれども探そうとはせず、窓の外の薄日にぼんやりと目をあずけていた。小雨が降っていた。しばらくはそのまま浸っていと思った静かな雨の朝。
 昨晩、夜中にふと目をさましたとき、窓辺に白いシャツが掛けられていたはずだ。今はない。外の夜灯を浴び、亡霊のように浮かんでいた白いシャツの姿態が記憶の中で響いた気がした。
 空っぽの部屋に突然、キヌズレの音がかすれた。そちらを向くと、背を向けた男の白い輪郭線。カズマがちょうど絹のネクタイをしめているところだった。昨晩窓辺にかけられていたシャツに均整のとれた体躯を包んでいた。息をのんで見つめる。
 男は黒い喪服の上着をさっと羽織り、長い指のついた両手で襟をしごいた。サラサラとした黒い生地がつっぱり、肩甲骨の形が浮き彫りになる。背筋のいい首から臀部にかけて伸びるきれいなシルエット。声をかけるのをためらうほどの。
「起きたのか」気がついたのは、カズマの方だった。彼はふり向きもしなかった。
「たった今。どうしたんだ、その格好?」
「これから告別式にいってくる」
「誰か死んだのか」
「ああ。ちょっとした知り合いだ」
「カズマに友人がいたなんて、死に顔でもいいから拝んでみたいな」
そういうと、男はふり返って無表情な目で俺を見おろした。軽いすくみ。いつもこちらを怯えさせる彼のまなざし。彼は言う。
「友達なんかじゃないさ」彼は続ける。「夕刻までには帰ってくる。待っていたければ待っていてもいいし、帰りたければ帰ってもいい」
 今日という一日を待ちぼうけて台無しにしてしまう予感に沈む。雨音。
「カズマのそんな姿が見れるとはな。きっとスーツ姿が似合うだろうと思っていた。だけど、はじめて目にする正装が喪服だなんてな」俺は言った。何とか。
 鉛筆デッサンのような姿を空虚な部屋にひそめたまましばらく黙っていたカズマ。彼は言う。「すぐに帰ってくる。確かめに行くだけだから」
言いながらこちらに近付き、カズマは俺の頬に手をのせた。
「確かめるって、ほんとに死んだかどうかを、か?」
声帯の震えが、彼の手のひらに伝わっただろうか。
「いや。あいつのために葬儀を出す物好きがいるかどうか、この目で確かめて来るんだ」
 見透かしたのか、焦らすように俺の頬を撫でる彼。その精密な器官を握り返す俺。
「ゴクロウサマ」
 おそらくそれが、精一杯の抵抗だった。けれども、もう負けてしまうのはわかっていた。朝の雨音が耳に染み込む。
独立したイキモノのような五本の指が、喉仏のあたりまでおりた。肌が蜜色に溶け出してゆく。俺は整えたばかりの彼の髪に手を伸ばそうとした。彼は影のように身をひいた。
「もう行くよ」
「モノズキなのは、あんたじゃないのか」
 声の震えを隠そうとは、俺はもう思わなかった。彼は戸惑っただろうか。部屋の中央に立ち尽くす男。何もない部屋だな。いつだったかそう言うと、彼は抑揚のない声で呟いた。いちど捨ててしまわないと、自分のものになった気がしないんだ。
「俺がモノズキだと?」
 彼は緩慢な動作、くわだてられたかのようなゆるやかさでベッドに腰掛け、俺を見おろした。見おろすのをやめなかった。俺はただ沈黙し、彼の手を取って裸の肌にすりよせた。急に堪えきれなくなり、体を起こして彼にしがみついた。唇に吸い付いた。それからそのアサマシサに言い訳するように、少しだけ唇を離して言った。この髪じゃあ、もう出掛けられないな。
「お前にはわからないだろうな」彼は冷たく言った。
 聞こえない振りをして正装した彼に抱きついた。両腕を首に回し、顎の下に鼻の頭をこすりつけた。


 男はその気になり始めたのかもしれない。始まりは、窓辺に掛かった白いシャツに包まれた男だったのかもしれない、幻影ではない男。
 薄く冷たい唇、血の色をした皮膜が俺の喉をいたぶりはじめた。勝利感すら味わう俺。男が俺を抱く、男が俺を喰らう。骨格が、嬉し泣きを始める。彼は俺の首筋をなめる。口腔から分泌される透明な唾液が俺の表面組織に筋を引き、細胞膜をくぐりぬけて中に入ってくる。彼の裸が欲しい、彼の肌が欲しい。衝動的に、彼のネクタイを手で掴んで引っ張った。勢いでいちばんうえのボタンが外れた。シャツの首元から、男の体温があふれ出して俺の顔まで届いた。気化してゆく男の汗。
 彼は俺の上に均整のとれた体躯をのせた。体躯は緩やかにうごめいた。その緩慢さの中にも焦燥が見え隠れする。お前はどうしようもない自堕落な男だ。耳元でなぶる声はかすれ始めている。俺の呼吸も弾みだす。まどろみのような浅い停止。突然、俺は弾けて男の喪服の上着を剥ぎ取った。シャツのボタンを弾きとばして前を開いた。ふたりの男の焦燥にベッドが甘美な音色を立ててきしむ。ろくすっぽ替えない白いシーツの上から黒い上着が床にすべりおち、まるで誰かの影の溶け残りのように崩れてしまう。
 窓の外の薄日は一定の光調だ。
男の体が俺の上に覆い被さる。ものすごい速度、一瞬の間に。俺はシャツを脱がせるだけで精一杯になり、自分の体に与えられた体温については他所事のように傍観している。俺は案外おそくにこの感覚を知った、抱かれている中心でありながら、重さの他には信じることが出来ない空虚感。
 胸をはだけ、絹のネクタイを首から垂らした格好の男が俺に体重をあずけている。動く肢体と摩擦音。ひとりでは立てれない二人の音。まだ脱ぎ捨てていない黒い喪服のトラウザースの生地のむこうで、あれが高鳴っている。俺はそのことで頭がいっぱいになる。彼は俺の喉仏から下のほうへ、赤くてざらついた猫のような舌を這わせる。そうかと思えば急に俺の顔の上に顔を持ってくる。


 部屋の空気はモノトーンに色褪せ、彼と俺だけが生々しい色彩を発散している。男が俺の口のなかに舌を差し込むと、歯茎の中で眠っている俺の親知らずが疼き始めた。
 いつの間にか、俺のあれがかたくなっていた。気が付いたのがその時というだけで、きっと、男の指が頬にふれた時からその兆候があらわれていたにちがいない。かたさをまざまざと意識したのは、彼の性器のちょうど真下で、俺の突起が脈打ったからだった。そりかえったからだった。
 混ざり合うふたりの呼吸が俺の耳にはいり、ヤスリのように鼓膜をこする。
 不意に、男が体を少し離した。薄く瞼をあけてわが身を眺めると、性器の先端、露出した粘膜の小さなヘソのような穴から透明な体液が漏れ、すじを引いてたれるのが見えた。羞恥心とは裏腹に、止めどもなくダラダラと流れる体液を恍惚と眺める俺。
 下半身を喪装に包んだ男。
 胸のはだけたシャツからのぞく褐色の肌、だらしなくまつわり付く垂れた黒いネクタイ。
 彼はまだベルトを外していなかった。喪服のトラウザースが彼の最後の砦で、俺はその神聖さの残骸を壊したい衝動に駆られた。
 唐突に、欲情したケモノのように彼の両肩を手でつかみ、一瞬だけ驚きを示した彼の瞳をイカレた目で見つめながら、体をいれかえた。容赦なく接吻を浴びせた。クチビルを吸い尽くした。中途半端に衣服をまとわせたままの姿、雨上がりのアスファルトがユウウツな空気を蒸散させるように、白と黒のコントラストのあいまから、エロティックなニオイを発散させる彼の体。いっそ、カズマを捨ててしまおうか。そうすれば、彼を手に入れたような気になれるだろうか。。


 カズマの上に馬乗りに乗り、まったく原形をとどめていない喪装を眺めた。俺は眺めた。カズマに仕付けられた無感情な目で。彼も無感情な目で俺を見あげていた。
もはや俺たちの間に感情などはない。
 今この部屋にあるのは極上のムーヴメントだけでいい。
 しばらく俺の目を見あげたあと、彼は再び乱暴に体を入れ替えて俺の上に乗った。その残忍な手腕に堕ちてゆく。彼は俺を被写体のように眺めた。


「欲しいのか」彼はきく。俺は答えない。
 欲しいのか。彼はもいちど尋ねる。俺は沈黙だけでこたえようと彼の彫りの深い目の辺りを見つめる。けれども、ついに負けてしまい目をそむけた。


 突然、カズマは俺の顔に唾を吐きかけた。びくりと震える俺。だが俺は何も言わず目を閉じて息を潜め、顔にかかった唾液の温度が急激に冷めてゆくのを感じていた。瞼を閉じたまま暗闇に逃れ、彼の唾液のにおいだけを深呼吸していた。
 カズマは俺の顎を無造作に掴み、もういちど唾を頬に吐きかけた。
 今度は驚きはなかった。それどころか、何かそれ以上に心を揺さぶる事件が起こりはしまいかと待ち望んでさえいた俺。
 俺の裸体はすっかり弛緩してしまっただろう。性器のそりかえった部分の脈動、いまや光沢すらある粘膜、その先端のむせび泣きをのぞいては。
 俺は沈黙していた。
 いきなり、カズマは俺の頬を打ち据えた。そして自分の唾液が付着した手のひらを俺の胸板にあてがって拭いた。そのとき彼は俺の鼓動を感じただろうか。彼はそのまま手のひらを下へとおろし、俺の腕を取ろうとした。俺は腕を掴まれても彼のシャツを脱がそうと躍起にもがいた。
 カズマは再び俺の頬を引っ叩いた。
 俺はきっと、うっとりとした表情すら浮かべていたにちがいない。この顔を鏡で見られないのが残念だった。
 黒い絹のネクタイを、カズマは使ったのだった。それは真新しい驚きだったようでもあれば、あらかじめ予測できた審判でもあった。彼は首からたれた黒いネクタイを襟から引き抜き、俺の両手首を縛った。結ぶときの音、何とも言えない感触に鳥肌が立つ。土足で踏みつけられた薄紫の絨毯の毛がざわざわと起毛するような。あれがドクリと脈打った。こらえ性のない透明なしずくをしたたらせた。
 瞼を閉じた。雨の朝の薄明かりが瞼の膜を透過し、まったくの暗闇ではない不思議な空間が広がる。
 彼は動きを止めてしまった。きっと、俺の不様な姿を眺めているのだ。楽しむわけでもなく、憐れむわけでもなく、ただ茫然と。一度捨ててしまわないと自分の物になった気がしないんだ。彼は言った。支配欲が強いんだな。俺はあの日彼に言い返した。だったら俺を支配すればいいのに。それ以来、俺は彼に支配され続けている。


 カズマは、他の男たちを通して俺を支配しようとした。彼はよく、どこで工面してくるのやら男を拾ってきては俺を抱かせた。彼は黙って眺めていた。そしてそのあと俺をなぶりものにした。たとえば叩く、たとえば縛る。或いは罵る。彼はたくさんの男に俺を抱かせた。俺は誰にやられてもただ命じられたようにした。苦情を申し立てることもなく。カズマはいつも無表情な眼差しで眺めていた。暗い部屋、昼日中、満月の夜を問わず。なぜだか、いつも同じような匂いのする男だった。抱かれるたび、男たちの影が俺の体に落ちた。


 俺の皮膚には無数の男たちの影が染み付いてしまった。俺はいつの間にか、影の黒装束を何枚も羽織ってしまったのだった。


 叩いたあと、しばらくのあいだ彼は動きを止めたままでいた。俺は窮屈な手首をもがき、彼の体に触れようとした。触れたくて触れたくてしかたがなかった。彼に触れたかった。目を開けるのは怖かった。彼までもが影になっているかもしれないと思うと。
「くれよ」おれは呟いた。
 シャツのひらめく音が聞こえた。彼が動きを取り戻した。俺は嬉し泣きしそうになる。彼は俺の短い髪をつかんだ。常につかめるくらいの長さに保つように命じられた俺の黒い髪。長すぎず短すぎず、ようやく掴めるくらいの短髪でなければだめなんだと、彼は言ったことがある。
「目をあけろ」彼が命令した。
 言われるまま瞼を開くと、目の前に喪服のトラウザースをはいた男の腰があった。ちょうどベルトのバックルが鼻先にあった。
 彼はベルトすら外さず、ただジッパーをおろしただけで、喪服の中から勃起した性器を突き出した。布地の隙間から、秘められた匂いがあふれた。隠されていた色があふれた。黒い割れ目から突出した男根をつくづく眺めた。命令されるのを待っていた。俺は命令されたかった。
 彼は無言のまま、俺の頭を掴んで顔を男根に押付けた。息が荒くなった。彼が近づいてくる、あれが目の前にある。俺は口を開き、先端部を唇の中に包んだ。あまりの感触に目じりがぬれてくる。喉の奥までくわえこみ、陰嚢のやわらかい部分まで唇をとどかせ弾力を貪った。唇の表面で濡れた粘膜がぬるぬるとすべって唾液の音がする。その柔らかな殻のような弾力。くびれと張りがありありとわかる。頭を動かすと、それが交互にやってくる。少しあまった皮のめくれた襞のしたたかさ。俺は単純な掘削機のように頭を揺さぶりながら、口の中は精密機器のように計算されたやりくちで彼をなめつくす。舌先をとがらせたりまるめこんだり、奥歯の先端をわずかばかりかすらせる。彼は息を漏らした。彼は痛がらなかった。俺はきっと、そういった技術を授かっているのだ。


 突然、彼は俺を突き倒し、俺の上に飛び込んできた。くずれた喪装の幻影が俺の上をよぎった。カズマは俺の両腿を大きく開いて俺の体を転がし、一度短く息を吸い込んだあと、肛門をめがけて唾を吐きかけた。顔に吐きかけたのとほとんど同じやりかたで。彼は俺の太腿を押し広げ、喪服をはいたままの腰を狭間に埋めた。彼の性器の先端が肛門の入り口に押付けられると、俺は身震いをしてしまう。きっと、欲しそうな表情を浮かべていたにちがいない。俺を抱いた男の一人が言ったことがある、お前の肛門は、先っちょをあてがわれただけで欲しそうに震える、肛門にも表情があるんだ、と。


 カズマが入ってこようとする。男が入ってこようとする。
「告別式はいいのか」俺はみずをさす。
 カズマは答える代わりに俺の頬を打ち据えた。俺は打たれたまま、顔を横に向けて瞼を閉じる。笑みすら浮かべそうになる。彼の手の俊敏さの残像と、頬にふれるシーツの質感のせつなさ。
 彼が俺の体内をこじあけて入って来る。誰彼構わず受け入れる無数の襞の臓器に。俺は縛られた両方の手首をもがきながら、その中心部に意識を凝らす。俺はそこを締め付ける。入り口の輪になった厚みを内側に取り込むように締め付ける。彼は肛門の厚さをかいくぐって奥へ割りこんでくる。彼は俺の体の中にたったひとかけらの肉片をあずけてしまい、俺の内臓の中に隠れる。櫂で海を漕ぐように動いては汗をかく。たったヒトカケラの肉片-けれどもこれなしでは生きあぐねてしまう。
 汗が白いシャツの背中を濡らしているだろう。俺の顔にも、降り注いでくる。
 俺はもがいた。体の裏側の摩擦にたえきれなくなり、それでももっと締め付け、苦痛の圧力をより大きくしようと躍起になった。
 彼は胸骨を膨らませながら呼吸をあえがせ、徐々に運動の速度をはやめて俺の直腸をえぐる。俺の両肩を爪の跡がつくほど強くつかみ、その、簡単に壊れてしまう輪郭をよりどころに俺を貫く。体をのけぞらせ、頑丈な腰を揺さぶり、そして二つの体躯を深くかみ合わせる。
 俺は声をあげて身をよじる。もがき苦しみ、腰を振ってさらにその負荷を大きくしようとする。両足を男の喪装にからめる。サラサラの繊維の質感、その中にある肉体の量感を確かめながら、彼の足に足を巻きつける。繊維をこする脛毛がかすかな悲鳴をあげる。

 
 たくさんの男たちにやられるうち、俺の感情はすりへってしまった。いや、ちがう。そんなことで感情はすりへったりはしない。心を磨耗するのは、たとえばひとりきりの部屋で爪を切る音。
 俺はからっぽだ、からっぽの抜け殻だ、汚らわしい男たちの影を着た黒装束。
 だけど、もしも俺がただの影になり果てたとしても、カズマ、お前だけはその薄っぺらな影を見失わないでくれ。お前の呪文で満たしてくれ。俺ほど抜け殻になることが出来ないカズマ。いっそのこと抜け殻になればいいのに。そしたら俺が満たしてやるのに。


 祈りながら、男の激しさにひたっていた。様々な形をもったものが、指の間をすり抜けてゆく。カズマは俺を壊すように抱いて抱いて抱いて、抱いた。
 突然、俺の中で彼の脈動がぴくりと跳ねた。不意にナイフで傷付けられた指先のように、ぴくりと跳ねた。それから彼の動きが止まってしまい、俺の上でぐったりとくずれた。それからしばらく、小刻みな呼吸だけが俺の耳元で続いていた。しばらくすると、緩やかなテンポに落ち着いた。
 気がつくと、こめかみをあたたかい涙が流れていた。
 おそるおそる目をあけると、あまりに間近で眺めることが出来ない彼の顔。俺の頬に乱れた髪が触れていた。両手首をネクタイで縛られた腕を持ち上げて輪を作り、カズマの体を通して抱きしめた。何か言おうとしたけれど、やはりやめておいた。
「告別式は?」俺は尋ねた。
「もう、いいんだ」やっと彼がこたえてくれた。
「誰が死んだんだ?」
 しばらくの沈黙、雨音。
「腹違いの兄貴さ。交通事故だったそうだ。いつか殺してやろうと思っていたのに、殺す手間がはぶけたよ」それから彼は呟いた。「そんなことよりも、少し外を歩かないか」
「雨なのに?」
「雨だからさ。俺たちが知り合った日のことをおぼえてるか。こんな雨の日だった。あの日、突然雨が降ってこなかったら俺たちは知り合ってなかったんだろうな、お前が傘を差し伸べてくれなかったら」
 俺たちは、しばらくベッドに隣り合ってぐったりとしていた。お互いの孤独に手をのばすことはなく、汗の余韻にひたっていた。何かを思いかけたけれど、思うのはやめておいた。それから瞼を閉じて思い描いた。傘も差さず、ヨレヨレの格好のままで雨の中を歩くふたり。白い雨模様。くずれた喪服のお前と、お前の呼び声に満たされた黒装束の俺。カズマのことが、今はとてもちっぽけに思えた。イトオシイほどちっぽけに。

(終)