童話「イタチと男の子」

 イマはムカシというほど昔ではないのでしょうか。あるところに男の子が住んでいました。男の子はどうしてだかわかりませんが洗濯用粉末洗剤の箱が大好きでした。その頃の洗濯洗剤の箱はとても大きかったのです。お母さんが洗剤をひと箱使い終えるごとにその空き箱をもらって集めていました。けれども一軒の家で使い終える洗剤の箱なんてせいぜいふたつきにひとつかそこらです。男の子はお父さんとお母さんに連れられて誰か知人の家に行くと必ず、洗濯洗剤の空き箱をねだるようになりました。運がいいときは箱がもらえましたが、どの家にも洗濯洗剤の空き箱があるというわけではありません。もらえないこともしばしばありました。けれども両親の知人の中には、わざわざ箱を空けてくれる人や、次に訪れたときまで空き箱をとっておいてくれる人もいました。男の子は箱をもらうととてもとても幸せでした。男の子は五十歳になってもそのことを覚えているでしょうか。例えば夕暮れ時に両親が知人の家にお金を借りにいって、そこでも洗濯洗剤の箱をねだり、男の子が空き箱が好きだということを覚えてくれていた人が箱を、はい、と言いながら手渡してくれたときの、玄関口の照明のやわらかさや夜空の色合いを、男の子は大人になってからも覚えているのでしょうか。やがて、男の子の部屋は空き箱だらけになりました。男の子はとても幸せでした。

 男の子はあちこちからもらってきた洗濯洗剤の箱をお父さんの書斎に運び込みました。お父さんは夜になると書斎で製図をしますが昼間は工場に行っています。その頃はまだ製図盤で製図し、図面のコピーは青焼きの紙でした。お父さんの書斎は洗濯石鹸の箱でいっぱいになりました。色とりどりの箱がありました。男の子はいつの間にかそれらを並べてみたり、重ね合わせてみたりするようになりました。色合わせを考えたり、どうやればうまい具合に積むことが出来るのか考えたのでしょうか。それとも偶然に安定性や色の調度を発見したのでしょうか。それとも、まったくそんなことには無意識で、最初から最後まで考えもせず、学びもしなかったのでしょうか。いつしか男の子は箱を組み立てることを軽々とやるようになり、お父さんの書斎には洗濯洗剤の箱で築かれたお城が出来ていました。男の子はそのお城の中に入ったり出たりして遊ぶようになりました。お父さんが仕事のときは、洗濯洗剤の箱は片付けなければなりませんでした。お父さんは、目を細めてそのお城を褒めてくれることもあれば、小馬鹿にして呆れることもありました。

 男の子は洗濯洗剤の箱でこしらえたお城の中で様々な空想をめぐらせました。男の子はお城の中では王様でした。けれどもそれだけではすみません。お城での暮らしは色々と大変なことがありました。王様ひとりでは物事がなりたちませんから。男の子は王様も王子様も自分でやらなければなりませんでしたし、クイーンやプリンセス、家来や執事、時には助産婦もやらなければなりませんでした。七面倒くさい執務も自分でやらなければなりません。もめごとがないのがまだ救いでした。夕方、お父さんが帰宅すると、男の子はお父さんの書斎に組み立てていた色とりどりの洗濯洗剤の箱のお城をばらし、部屋の片隅に片づけました。夜になってベッドに横たわると、お父さんが隣の書斎で製図盤で図面を引く音が聞こえます。じょうぎがレールの上をすべる音。その滑らかな音を聞きながら、男の子は眠りにつくのでした。そのときの音を、男の子は大人になってからも思い出したでしょうか。甘美さすら感じたでしょうか。

 実は男の子は大人になってからこれらの洗濯石鹸の箱の行方をおぼえていないのです。突然、夢のない話しをするようですが。記憶にないのです。もしもお母さんが男の子がお友達と遊ばずこんなことをしていては良くないと考えて無理矢理奪い取って捨てたのだったとしたら、きっと覚えているでしょう。だからそうではないのです。飼っていたニワトリがある日いなくなり、あとから屠殺場に連れていかれたのだと聞いたことは大人になってからでもよく覚えているのですから。きっと誰も男の子からあの大切な洗濯洗剤の箱を奪ったりはしなかったのでしょう。自分で捨てた覚えもないのです。まったく覚えていないのです。大人になった男の子はこう思っているかもしれません。でも、もういい。あなたに会えたから。あなたたちに会えたから。打ちひしがれたときに出会った人がいるから。だからもう、いいのです。勇気を得ると、過去のものなんてどうでもよくなってしまうものなのです。

 洗濯石鹸の箱のお城に住んでいた男の子は、ある日、他のお城の王子様から食事に招待されました。男の子は少しためらいましたが、やはり訪ねてみることにしました。男の子は洗濯石鹸の箱のお城を出て遠い国にいきました。招待を受けたお城にたどりついた男の子はどぎもを抜かれました。そのお城はヤカンを組立てて作られたものでした。出迎えてくれた王子様は、男の子にそのヤカンの城が崩れずに建っている物理的難度について解説しました。けれど男の子には興味がもてませんでした。男の子は、ふうん、と聞いていました。それから男の子は晩餐の席に案内されました。貴賓室には様々な国からやってきた王子様たちがいました。晩餐が始まると、各国の王子様たちはナメクジが人間に進化したのだという進化論を熱く語りはじめましたが、男の子はやはり興味をもてなかったのでした。耳を澄ますと、風の歌が聞こえるような気がしました。いるということ、いてくれるということ、時には、いやがるということの物音が、風に乗って聞こえました。

 男の子はなぜだか月見草に魅了されていました。沼地の周りをぐるりと囲み、夜に君臨する月見草をお兄さんと一度だけ見たのでした。それからというもの、男の子は毎晩月見草を見たいと思いました。けれども夜は窓から眺めるだけで外へは出かけられませんでした。お兄さんが、時々、月見草の話をしてくれました。男の子はそれだけで満足してしまい、窓から宵の空を見あげては心の中で月見草の群れを思い描くだけで、眠りについてしまうのでした。待ちきれずに眠るのでした。

 洗濯石鹸の箱のお城に住んでいた男の子は、どうしてお城を出てしまったのでしょうか。お城を出たら、いぢわるな砂埃や、おねだりばかりする雨粒が降ってくると知らなかったのでしょうか。もしかしたら、お城を出たはいいが、どこかにとらわれてしまうと知らなかったのでしょうか。知らなかったから、男の子はお城を出たのでした。新しい世界を見てみたいと思ったのでした。たとえ待ち構えるものが磁石で拾う鉄屑ばかりでも。いいえ、男の子は、そんなことすら怖れずにお城を出たのでした。男の子は怖れを知らなかったのでした。男の子は、一度お城を出るや、洗濯石鹸の箱を集めるのはやめてしまいました。

 お父さんが製図盤に向って仕事をしているときも、男の子は洗濯石鹸の箱でお城をこさえていました。男の子はお城をたいそう自慢に思っていました。けれども男の子は、お父さんがひいている図面を見てふと思いました。この洗濯洗剤の箱はただの紙を組立てただけで、ばらかしてみると一枚の厚紙にしかならないのだと。この箱の中は空洞で、箱は些細な衝撃にも耐えられないのだと。こうも思いました。一枚の紙をうまく組立てれば、中は空洞でも箱が作れるのだと。お城はといえば、中が空洞の箱を重ねただけのものです。接着剤も使っていなければ、土台もありません。簡単に崩れてしまいます。ひとつの箱を押すだけで、全部が総崩れになってしまいます。けれどもこうも思いました。中が空洞の箱でも、バランスさえ良ければお城が作れるのだ、接着剤を使っていないから、いくらでも自由に組替えられるのだと。あとはいぢわるな風が問題でした。男の子は思いました。僕はお城に守られて暮らしたかった。けれどもお城はいぢわるな風に吹き飛ばされてしまう。いぢわるな風は、僕をも吹き飛ばしてしまうのかな。でもきっと、僕は小さいから、いぢわるな風は吹き抜けてしまうんじゃないか、おまたの間や腕の下をすり抜けてしまうんじゃないか。もしかしたら、僕はお城なんかいらないんじゃないか、石鹸の箱のお城よりも、僕の方が強いんじゃないか。

 男の子は、洗濯石鹸の箱のお城を試しに出てみました。がらんどうで空虚で骨も何の接着もないお城が信用できなくなったのではなくて、試しに、出てみたのでした。もしかしたら僕はお城なんてなくてもへっちゃらなんじゃないかと。外では、鳥たちが、囁いていました。男の子は何を囁いているのかさっぱりわからず不思議に思いました。カラスの目が光っていました。男の子は怖くなりました。

続きは電子書籍で☺️

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1480473510

Kindle ↓

イタチと男の子