童話「ススキの涙」

作・リュッツォ

 青い青い空からふりそそぐ日の光は、まったくおもさがないような、うすい、さらさらの羽のようで、はかなくも、とうめいにすきとおっています。

 けれども空はまっさおで、かべのようにしっかりとした青でした。

 ところどころに、はぐれぐもがうかんでいました。

 その秋の青い空の下を、一台の青い車が走っていきます。ほかに車は見あたりません。

 どこまでもつづくようなどうろを、青い車はまっすぐに走り、やがて小さな山にすいこまれるように、トンネルに入って行きました。

 青い車がトンネルをぬけると、次に出た、いったいの草原に、ススキのむれが生えていました。

 草原は広く、こちらも、どこまでもつづくようです。

「お父さん、このざっそうみたいな植物、なに? ざっそうなの?」

 車のじょしゅせきに座っている、ヒロくんがたずねました。

「ああ、ヒロははじめて見るのかい? おばあちゃんちに行くときにいつもここをとおるのに。これはススキって言うんだよ。いつも生えているけど、このじきになるとこうやって穂をたらすんだ。」

 お父さんは、ちらりと草原の方を見て言いました。

「こんなにたくさんあるのなんて見たことないよ。ぼく、はじめて見るよ。ねえ、お父さん、車を止めてよ。あの野原に行ってみたいよ。」

「今おばあちゃんちに向かってるんだから、ムリ言っちゃいけないよ。またこんど来ればいいさ。」

「ちょっとでいいからさ、ほんのちょっとだけ。このじきでないと、こんなに穂が出てるの見れないんでしょ。次に来るときに見れないよ。」

「言い出したら聞かないヤツだなあ、ヒロは。じゃ、五分か十分だけだぞ。」

 そう言ったお父さんは、ウインカーを左にてんとうさせて、青い車を道ろのはしの方に止めてくれました。

 ヒロくんとお父さんは、車をおりました。ひとけのないどうろに、ドアをしめるバタリという音がひびきました。

続きは電子書籍で☺️

Kindle ↓ Kindle Unlimited参加中😃

ススキの涙