童話「ツキミソウと、あくしゅ」

作・リュッツォ

 としとったろうけん、プティをなくしたばかりのりおとくんは、とても、きぶんがしずんでいました。

 もう、さんざんないたので、これいじょうなみだも出そうにありませんでした。

 しずかで、でも、ときどきあばれるうみべの、町に一つしかないとうだいの下、ていぼうにこしかけて、下のなみを見つめていました。

「りおと、やっぱりここだったのかい。」

 それは、少し年のはなれたお兄さんの声でした。りおとはだまったままでした。

「プティはね、天国に行ったんだからおちこむことはないんだよ。おまえはさいごまでめんどう見たんだから、もういいんだよ。」

 空の水色が、少しずつこくなり、日がくれかかってきました。それでも、りおとはだまっていました。

「とうさんも、かあさんも、まってるから、さあ、かえろうね。」

 りおとは、ふりかえろうとせず、海のほうにうつむいていました。

「こっちをごらん、プティをつれてきているんだよ。」

「え?」

 りおとは、おどろいて、ようやくくびを、兄さんのほうに、めぐらせました。

 すると、兄さんは、プティのなきがらを抱いて、また少しくらくなった町のほうに、たっていました。

「プティ・・・。」

 プティのなきがらをみたりおとは、なみだがこらえきれなくなって、なきはじめました。

「さあ、プティを土にかえしてやろう。」

 りおとは、プティがこいしくてこいしくて、ていぼうをおり、やっと、兄さんのそばにいきました。それから、兄さんがだいているプティのせなかを、さすってやりました。

「さあ、しばらくのあいだ、プティをだいていてくれ、うめるあなを、あきちにほるから。」

 兄さんは、プティをりおとにあずけ、スコップで、とうだいの下の、ていぼうから道をへだてたところの、そうひろくはないあきちに、あなをほりました。そのあたりは、こうじょうのうらの、あきちになっていました。

 それから、ないているりおとがだいているプティのなきがらを、もういちどあずかり、あなのそこに、そっとおろしました。

「さあ、おわかれしなさい。」

 りおとは、プティのからだを、なんども、なんども、なでました。なにを言っていいのかわからず、ただすすりないていました。なみだがこみあげて、しかたがありません。

「じゃあね、土をかぶせるからね。」

 ほりかえしていた土の山を、兄さんはゆっくりと、あなにかぶせました。

「プティ、さようなら。」

 りおとのかたは、ふるえていました。

「兄さん、こんなとき、ぼくはどうすればいいんだろう。かなしくてしかたがないよ。」

続きは電子書籍で☺️

Kindle ↓ Kindle Unlimited参加中😃

ツキミソウと、あくしゅ