童話「逆さづりのプリンセス」

 ある大りくのはしっぽの方に、ベティット王国と言う名の小さな王国がありました。ベティット王国には、ベールという名の、それは、それは、うつくしい、まだ小さなプリンセスがいました。

 玉のような子で、ほんとうにうつくしかったのですが、いじわるな王さまと、王女さまは、おしろのプリンセスのへやの中では、プリンセスを、みにくいといういみのモーシュとよんで、いじめていました。

 王さまがプリンセスをいじめていることは、おしろの中でも、しっているものもおりましたが、みんな、王さまがこわくて、なにもいえませんでした。

 王さまは、せけんていをとても気にし、よのたみが、王さまをそんけいしなければ、気がすみません。

 そとにでかけるときは、かならず王女とプリンセスをつれだし馬車にのって、なかよさそうに、じぶんは女王とむすめをかわいがっていると、見せかけていました。

 よるになると、プリンセスは、ねむろうとしてベッドに入ります。でも、こわくて、こわくて、ねつけません。

 じきに、王さまが、ろうかをあるいてくるあしおとが、プリンセスの耳に入りました。プリンセスは、おふとんの中にもぐりこんで、ガタガタとふるえはじめました。

 王さまは、ノックもせずにプリンセスのへやに入ってきて、なにも言わずに、おふとんをはがしました。プリンセスがこわくて目をとじているのも、しかたがありません。王さまは、おそろしいかおをしていますから。

「この、うすのろモーシュめ!」

 王さまはおふとんをはがし、プリンセスのかみを、つかみました。こわくなったプリンセスは、声をあげてなきはじめました。

「ギャアギャアなくんじゃない! うすのろモーシュ!」

 そう言った王さまは、プリンセスベールのりょうほうのあしくびをつかみ、もちあげました。それから、さかさまにしたまま、ベールのへやのバルコニーへのとびらをあけ、ベールをおしろのバルコニーから、さかさづりにしたのです!

「おとうさま、ゆるしてください!」

 プリンセスベールは、なきさけびました。

「だまれ、うすぎたないモーシュめ!」

 そとはよるで、まっくらです。ベールは、目をあけるとこわいので、目をとじていました。

 はじめてバルコニーからさかさづりにされたときは、目をあけました。おしろはたかいので、下はまっくらやみで、とてもこわかった。だから、もう、目をあけないことにしたのです。

「ほら、おとしてやろうか、モーシュ!」

 王さまはプリンセスの右あしをつかんでいた手を、はなしました。

「ゆるしてください、おとうさま!」

「こっちのあしはどうだ? おとしてやろう!」

 こんどは、王さまは、右あしくびをつかんで、左あしをはなしました。

「落としてやろうか! どうだ!」

「ゆるしてください!」

 それをずっと、王さまはつづけました。ながいこと、つづけました。

 けれども、王さまも、そうわかくはないので、つかれてしまうし、あきてきます。

 王さまは、プリンセスベールを、バルコニーにもどし、そのままそこにおきざりにして、へやを出て行ってしまいました。

 プリンセスは、そとのさむいバルコニーで、しばらくむせびないたあと、ベッドにもどってねむりました。

 あさが来ると、めしつかいがプリンセスのへやに食じをはこび、プリンセスは、ちょう食をたべます。

 しばらくすると、王女が、ようすをさぐりにやってきます。プリンセスは、いつも王女にそうだんするのでした。

「おかあさま、おとうさまがわたしにとてもこわいしうちをなさるの。わたし、こわいわ。」

「おまえがわるい子だからだよ。」

 王女はつめたく言いました。

「バルコニーからつるすのよ!」

「わるふざけでなさってるんだよ、おとうさまは。」

 王女はきくみみをもたず、プリンセスのへやを、立ちさろうとします。

「おかあさま、わたしをたすけて、おしろからつれて出してくださらない?」

「なにを言ってるんだい、おまえは? そんなことしたら、あたしまでおしろを出なきゃいけないじゃないか。あたしはよそでなんかくらせないよ。だいたい、どうやって生きていけばいいんだい?

 おまえがやられておけば、あたしはやられずにすむんだよ!」

 王女はそう言いはなつと、プリンセスにせをむけて、へやを出ていってしまいました。

 プリンセスベールは、そのばんも、王さまにさかさづりにされました。なきさけびましたが、だれも、たすけてくれませんでした。

続きは電子書籍で☺️

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1479819329

Kindle ↓

逆さづりのプリンセス