白い光

輝かない光に包まれることがある
均一な乳白色に
すっと消えてしまうように包まれる


孤独と幸福がいちどきに押し寄せてくることがあるの
膨れあがって 震えてしまう


あなたがわたしの唇に
そう この不出来な唇に
そっと触れるとき


走って 走って 息を切らせて
あなたの息遣いが間近に
雑念も雑踏も遠ざかって
耳の中から広がってくるの
乳白色の白い光が