雨の牙

 ふたりの出会いは真夏の夜に訪れた。それは唐突な出来事だった。
 あの晩は熱帯夜で、うだるほど暑かった。勇一は、大学時代の友人を久しぶりに訪れようと仕事帰りに王子まで出向いたのだが、あいにく友人は不在で、仕方がなく帰途につくことにした。来た道を戻ればいいのだが、勇一にはそれが馬鹿らしく思えた。同じ道を帰るのかと考えると、なぜだか苛立った。にもかかわらず、たまにはのんびりと迂回して歩くのも悪くはないんじゃないかと思い付いた。そこで、本郷通り沿いに歩いて駒込駅まで出ることにした。それがいけなかった。それが勇一をある運命へと導く道となってしまったのだ。
 勇一は、緩やかなカーブをゆっくりと曲り、やがて傾斜の緩い坂道にさしかかった。彼は、その頃になってこの道を選んだことを後悔した。とにかく蒸し暑いのだ。気晴らしの散歩をするには気温も湿度もあまりにも高すぎた。彼はスーツの上着を脱いで袖をまくった。しかしそれで暑さから逃れられるわけではなかった。シャツの背中は汗で濡れて皮膚にぴったりと張り付いていた。脇の下や首筋も滝のような汗が流れてとても不愉快だった。それはまるで、ウエットスーツを着て温水プールを泳いでいるようだった。彼は坂道を下った。行き交う車の騒音が彼をさらに苛立たせた。どうしてこんなことをしてしまったのだろう。王子駅から電車に乗ればよかったのに。彼は自分の行為を後悔した。夜灯の光が湿った暗闇の中でにじんでいた。
 ちょうど坂を下り終えたころだった。勇一はヘルメットを脇に抱えた肉体労働者ふうの男と擦れ違った。それが竜二だった。
 竜二は勇一を見た。勇一も竜二を本能的に見たが、すぐに目を逸らした。だが竜二はしつこく舐めまわすように上から下まで勇一を見た。その視線を感じた勇一は不愉快に思い、侮蔑のまなざしを男に投げた。勇一は肉体労働者を軽蔑していた。奴らは無知な獣だ。
 勇一は少し足を速めた。その場を早く立ち去りたかった。
 いっぽう竜二は勇一の顔から視線を外すことなく、彼と擦れ違った後も振り返って後ろ姿を目で追った。勇一は舌打ちをした。自分が舌打ちをするのはいつ以来だろうかと、ぼんやりと考えた。
 勇一が注意力を失った瞬間だった。彼は歩道の段差につまずいた。上体がつんのめった。気が付くと彼は闇ににじんだ電灯を見上げていた。肘がジンジンと痛んだ。足首が焼けるように熱かった。どうやら自分は転んでしまったらしいと気が付くのにしばらく時間が掛かった。
「おい、だいじょうぶか」
 男の叫び声と駆け寄ってくる足音が聞こえた。そちらに目をやるとさっき擦れ違った肉体労働者だった。勇一は答えるしかなかった。
「お前、だいじょうぶか」竜二は声を掛けながらあお向けのままの勇一の体を揺さぶった。
「ええ、なんとか」そう答えながら、勇一はアスファルトに手を突いて起き上がる努力をした。男とかかわりあいを持ちたくなかったのだ。男は勇一の肩を掴んで助けようとした。勇一は不快に感じた。それと同時に、何故かドキリとした。
「うっ!」
 小さな叫び声と共に勇一はうずくまった。足首が痛かった。まるでそこに心臓があるかのように彼の足首は疼いていた。
「足をくじいているのか?」
竜二は野太い声で尋ねた。そして勇一を抱き起こした。竜二の体臭が勇一の鼻をついた。
「そうみたいです…」
 かすれ声で言いながら、勇一は遠慮がちに男の腕から逃げようとした。しかし竜二はしっかりと肩を掴んで放さなかった。
「だいじょうぶか?」
 竜二は穏やかに尋ねた。もしかするとその声が、既に勇一を魅惑していたのかもしれない。太く低いのに、滑らかで心地好く響く声だった。勇一は今までにそういう声を聞いたことがなかった。勇一は男を眺めた。泥染みの付いた白いTシャツの胸は盛り上がっており、脇からは日に焼けた太い腕が突き出していた。勇一は、はっとして男から目を逸らした。顔を背けた拍子に上体の軸がずれ、また足首が痛んだ。彼の額からおびただしく汗が流れた。
「ひとりで歩けるのか」
「ええ、だいじょうぶです」
 勇一は男の腕から逃げて歩き出そうとした。しかし激しい痛みのせいでやはりうずくまってしまった。
「こりゃあ無理そうだなあ」
男はしゃがみ込んで勇一のスーツの裾をめくりあげ、靴下の上から足を調べた「こんなに腫れ上がってるぜ」。
「だいじょうぶです、駅に付いたら電車で帰れますから。それが無理ならタクシーでも拾って帰ります」
 勇一は竜二の無遠慮さに耐えられず足を引っ込めようとしたが、ただ痛むだけで足はいっこうに動かなかった。
「うちで手当てしていけよ。すぐそこだからさ」
 竜二はそう言いながら手際よく勇一の革靴を脱がし、それからさらに靴下も剥がした。
「ごめいわくでしょうから」
 勇一はていねいな言葉遣いの中にもきっぱりとした拒絶の語調を込めた。こんな場合でもけっして言葉を崩さないことが、竜二のぶしつけさに対する細やかな抵抗だった。しかしそれはまったく効果がなかった。
「いいから来いよ。挫いた時は早く手当てした方がいい」
 竜二は勇一を真っ直ぐに見つめた。その瞳は黒々と澄んでいて、勇一はその中に吸い込まれていきそうだった。
「は、はい…」
 勇一はなぜか逆らえなかった。竜二の瞳には有無を言わせない力があったのだ。
「よし、じゃあおぶされ」
 竜二は勇一に背を向けた。躊躇している勇一を「さあ早く」とせかした。勇一はしぶしぶ彼の背にのった。竜二はそっと立ち上がり、努めて揺らさないように歩きはじめた。彼はほんの少しだけ坂を上がり、すぐ側の角を折れてごみごみした細い道を縫って歩いた。
 勇一は足首が揺れるたびに呻き声をあげた。
「揺らして悪いな…。でもお前もまぬけなやつだよな、あんな所でころぶなんてよ」
 竜二は勇一をからかった。べつに悪気はなかった。彼はそういう方法でしか人に近付けなかった。勇一は無言で抵抗した。
「怒ったか?」
 竜二は少しだけ顔を後ろに向けて勇一のようすを窺った。
「いいえ…」勇一はぼそりと呟いた。男の優しさに触れたような気がして、憎むことができなくなった。
 夜の熱気と竜二の体臭が混ざり合い、勇一の鼻腔になだれ込んだ。竜二の背中は広く厚く、いつの間にか勇一は体を預けていた。竜二は細い道を縫って歩き、やがて古びた木造アパートの一階の部屋の前で立ち止まった。彼は勇一を下におろし、作業ズボンのポケットからジャラジャラいわせて鍵を出した。そしてドアの鍵を開けた。
「むさ苦しい所だけどよ」
 竜二はそう言って勇一に肩を貸し、彼を中に入れた。それから部屋に上がって裸電球のスイッチを捻り、ヘルメットを放り投げた。そして故障寸前みたいなウインドウクーラーを作動させた。彼の部屋はがらんとした六畳一間で、奥には四畳半の台所があった。
 竜二は台所の方へ行って何やらガサガサと音を立て、「こういうもんだけはちゃんともってるんだよ」と明るい声で言いながら、救急箱を持って戻ってきた。
「すいません」
「そう言うなって」
 竜二は勇一の前に足を投げ出して座り込み、勇一の足に湿布を貼った。貼り終えた後も彼は執拗に勇一の足を撫でた。
「お前、やけに色白だな」
 竜二はそう言いながら視線を足首から太ももへと走らせた。そして今度は勇一の首筋を眺めた。勇一の首は細く長く、そして凛々しかった。ネクタイはゆるんでいなかった。
「その足じゃあ今日は帰れそうにもないな。よかったら泊まっていけよ」
「ごめいわくでしょうから…」
「気にするなって。むりして足を動かさない方がいいぜ」
「じゃあ…」
「よし、それじゃあ俺は銭湯に行ってくるけど、お前はむりだな。少し待っててくれ」
 竜二は快活に言うと弾けるように立ち上がった。そして作業ズボンを脱ぎ捨てるとジーンズに履き替えた。勇一は顔を背けたが竜二の足を盗み見した。彼の足は黒く毛深かった。ジーンズの太腿も充実していた。ジーンズ姿は意外にも若々しく見えた。竜二は洗面器をかかえ、口笛を吹きながらドアを開けた。
「俺、竜二。お前は?」
ドアの所で振り返った竜二は、笑顔で尋ねた。その笑顔は無邪気であどけなかった。後々まで印象に残る瞬間、その時が訪れたのかもしれない。
「勇一です」
「そうか、勇一か」
 竜二は照れくさそうに笑って勇一の名前を繰り返し、そして部屋を出て行った。
 勇一は、ここから逃げ出すかどうか迷った。竜二のさまざまな所作から彼が男好きであることはまちがいがなかった。このままここにいればやがて彼は帰ってくる。そうすれば何が起こるかは明白だった。竜二は勇一の最も軽蔑している類の男だ。そのくせ勇一は、これから繰り広げられるであろうことを想像して興奮した。こわれそうなウインドウクーラー以外に音はなかった。勇一がまだ止まらない汗を拭っているうちに、やがて竜二は帰ってきた。
「待ったか?」
 一瞬だけ獣のような目で勇一を見た竜二だったが、すぐに顔をほころばせた。それほど悪い男ではないのかもしれない。勇一は竜二の笑顔を見て思った。
「それにしても今日は暑いなあ。お前もいつまでもそんな格好してないで、らくにしろよ」
 大股に部屋には行ってきた竜二はそう促した。彼の短く刈り込まれた髪はまだ濡れていて、頬は湯の後で紅潮していた。勇一は自分でも意外に思えるほど彼の言葉に素直に従い、ネクタイを解いてシャツを脱いだ。それから恥じらいの表情を伴ってスーツのズボンを脱いだ。その間に、竜二は一組しかないつぶれた布団を部屋の真ん中に敷いていたのだが、勇一が服を脱ぐたびに盗み見しては唾をゴクリとのみ込んだ。
「わるいな、布団はひとつしかないんだ。一緒に寝ようぜ」
 大柄な竜二は頓着のない表情で勇一を見下ろして言った。勇一は、鼓動が早くなるのを感じた。彼は布団の端の方に遠慮がちに横たわった。竜二はジーンズを脱ぎ捨てたあと電球のスイッチを捻って消し、勇一の隣に寝た。そしてほんの少しだけ勇一の方に体をずらした。勇一は竜二の方に背中を向けようかと考えたが、あまりにもわざとらしいような気がしてやめ、足首が痛まない姿勢で上を向いて目を閉じた
 そのまましばらくの間ふたりは無言だった。お互いの息の音が、クーラーの音の中にわずかに聞こえるだけだった。竜二はそっと腕をずらし、勇一の指先に触れてみた。反応はなかった。しばらくその状態を保った後、竜二は勇一に手を重ねて撫でてみた。それでも反応はなかった。
「なあ、お前もそうなんだろう?」
 竜二は勇一の耳元で囁き、そして彼の上に覆い被さった。勇一は声も出せなかった。竜二は勇一の首筋を吸った。勇一は思わず溜め息を漏らした。竜二は、今度は舌先を上にずらして耳たぶを舐め、それから軽く噛んだ。勇一は身をのけぞらした。竜二は勇一の体の上にすべての体重を乗せるかのように被さり、そして彼の唇を貪った。その時彼の足が勇一の足首に触れた。
「痛い!」
 勇一は小さく叫んだ。
「すまない」
 竜二は唇を放し、いとおしそうに勇一の顔を見つめた。そして片方の手で勇一の頬を包み込んで軽く撫でた。竜二は体を起こし、反対側を向いて勇一の足を調べた。
「まだ痛むのか?」
 竜二は足に頬擦りし、何度も口づけた。そしてまた向きを変え、優しく勇一のTシャツを脱がせた。
 竜二は乳首を吸った。剃り残しの髭が勇一の白い肌をチクチクと刺して刺激した。勇一はまたのけぞった。勇一はもう耐え切れなくなって竜二のTシャツをたくしあげ、彼の背中に腕を回した。ふたりは汗まみれの胸と胸を押しつけて抱き合った。竜二の浅黒い肉の塊が勇一の肺を圧迫し呼吸が苦しいほどだ。勇一は竜二の背中に爪を立てた。竜二は顔をゆがめて溜め息を漏らした。
 竜二はまた勇一の白い体を攻めはじめた。胸の上で舌をこね繰り回し、それを少しずつ腹へとはわせた。彼の舌はまるで独立した生き物であるかのように運動した。そのザラザラの生き物は、先端を尖らせたり平らにしたりしながら、やがて勇一の下腹部へと移動し、ヌルリと竜二の唇の間にひっ込んだ。竜二は、口先をすぼめて勇一のペニスをすっぽりとくわえ込んだ。勇一は竜二の頭の毛をつかんでかきむしった。
 竜二は、勇一のペニスを締め付けながら上下に頭を動かした。勇一は声を漏らした。竜二は意地悪く彼のペニスを吐き出すと、今度は彼の両足を開いて顔を埋め、舌先を勇一の肛門に差し込んで触手を広げた。竜二の生暖かい舌が勇一の体の中をヌルヌルと擦った。
「いいだろ?」
「何が?」
「わかるだろ?」
「・・・・」
 竜二は逞しい腕で勇一の太腿を押し広げ、その間に大きな腰を埋めた。やがて、ゆっくりと、熱い熱いものが勇一の体を貫いた。これほど太いものを受け入れるのは初めてだった。勇一は体を強張らせた。体がはちきれてしまいそうなほど圧迫されたのだ。
 しばらく穏やかだった竜二の腰の動きが、やがて力強く激しくなった。彼はさらに奥まで熱を浸透させた。彼は勇一のペニスを片手に握り、腰を突き上げながら思いきりしごいた。勇一はますます声を上げた。
「イくぞっ!!」
「イくっ」
 ふたりは同時に果てた。竜二はがくりと体を勇一の上に預けた。彼の足先がまた勇一の足首に触れたが、勇一は痛みを認識することすらできなかった。気が付くと、勇一は竜二の腕の中で呆然としていた。
「最初にお前と擦れ違った時、すげえかわいいと思ったんだぜ。まさかこんなことになるとは思ってなかったよ…」
竜二は息を切らしながら言い、勇一の頬にそっと口づけてあお向けに寝た。勇一は竜二の言葉には答えず、彼の胸の上下運動をしばらく見守った。筋肉が張詰めて肉感的だった。いまさらながらに野蛮で粗野な肉体だと感じた。この体が自分を狂わせたのかと考えると複雑な思いだった。
 竜二は勇一に腕枕し、もう片方の腕で彼の体を抱いてまた頬にキスをした。
「おやすみ」
「そんなにくっついたら暑いよ」
 勇一はその腕を押し退けて拒絶した。すると竜二は、「ちょっとだけでもいいから、さわっててくれよ」と勇一の腕をとり、自分の腕と絡めた。勇一はそれ以上抵抗できなかった。竜二は目を閉じた。
 しばらくして竜二は眠りに落ちた。彼は安らかな寝息を立てた。竜二が眠ってしまったことを知ると、急に勇一は孤独を感じ、そして罪悪感にさいなまれた。どうして自分はこんな土方と寝てしまったのだろう。ひどく胸が締め付けられた。幼い頃母親に叱られてしゅんとなった時のように萎縮した。勇一はこの部屋を立ち去りたかった。ここにいる限り眠ることはできないと思った。何もかも忘れてしまいたいと願った。これは悪夢だと信じたかった。
 勇一は竜二の腕をそっと解き、気付かれないように立ち上がって服を身に付けた。あまりにあわてていたのでひどくだらしない格好だった。それから彼は部屋を後にした。足を引きずりながら本郷通りまでなんとかたどり着き、そこからタクシーを拾って下高井戸のマンションまで走らせた。

続きは電子書籍でお願いします🙂

http://books.apple.com/us/book/id1472993411

雨の牙: 2000年薔薇族連載ゲイ小説