卒業旅行 – ふたりだけの一夜

 夕暮れのグランドはなぜかさびしく、駆け抜ける風は冷たくて、ぼくはブルゾンの胸をかき合わせた。ひざの上に開かれた本のページは、夕日に赤く染まり、風が吹くたびにぱらぱらと音を立てておどっている。フェンス越しに、練習を終えた選手達が小気味良い駆け足で引き上げていくのが見える。

 その中に久保田がいた。

「おーい、広岡」

 ぼくに気付いた彼は、ヘルメットを小脇に抱えて走ってきた。

「やあ」

 ぼくは、軽く手を挙げて挨拶する。

「なんだ、お前、また見てたのかよ。よっぽどアメフトが好きなんだなあ。だったら入部すればいいのに」

「いまさら…」

 ぼくはそう言って笑顔を作ったが、ぼくの気持ちに気が付かない彼を恨めしく思ってせつなくなった。ぼくが好きなのはアメフトなんかじゃなくて久保田なのだ。

「そうやって本ばっか読んでないでさあ、体を動かせよ」

 久保田は、屈託のない笑顔を浮かべた。

「そうだね…」

 彼の笑顔につられて、ぼくの顔はほころんだ。だが、胸の底に広がる酸味はますますぼくを落ち込ませる。

「なあ、もうちょっと待っててくれないか? 一緒に飯でも食おうぜ」

 久保田は元気のいい声でぼくに呼びかけ、そしてサークル棟の方へ走って行った。

 彼が姿を消してしまうと、ぼくはひざの上の本を閉じてベンチを立ち、あたりをぶらぶらと歩いて彼を待つ。何をやってもがさつで早い彼は、すぐに着替えをすませて出てきた。彼の盛り上がったジーンズの太股を見て、ぼくはいけないことをしているような気になって目をそむける。

「お待たせ。いつもの店に行こうぜ」

 久保田は、ぼくの背中をぽんぽんと手のひらでたたいた。日に灼けた彼の笑顔は夕日に染まってますます赤らんでいる。彼はさっさとぼくの前を歩き始めた。ぼくはわざと遅れて歩き、彼の広い背中を見つめてまたせつなくなる。久保田の姿を見つめていられるのも、あと半年足らずだ。ぼくたちには卒業が迫っていた。

 正門を出て駅へと向かう道をまっすぐに歩くと、クラスの連中でよく行く喫茶店がある。ぼくたちはそこに入った。今日は知った顔もいない。馴染みのウエイトレスがやって来たので、ぼくたちはそれぞれの注文を告げた。

「ねえ、彼女とはうまくいってるの?」

続きはApple Booksで😊

http://books.apple.com/us/book/id1468056417