真夜中の雨

 僕が孝志と出逢ったのは新宿二丁目のとあるバーだった。いちばん賑わう土曜日の十時半頃だったはずだ。扉を開けると振り向く男たちの後ろを通り過ごして奥に座ると、それでちょうどカウンターが埋まってしまった。孝志は僕の右隣に座っていた。男たちの物色の視線が、残念ながら僕からそれてしまっても、孝志は僕の横顔を何度も盗み見た。僕は熱い視線を首筋に感じながら、ゆっくりと顔を孝志の方へめぐらして、孝志を真っ直ぐに見つめ返した。孝志は視線をそらす。都会的な知性が感じられる彫りの深い顔立ちで、神経の細やかそうなところが魅力的だった。僕はまた前に向きなおった。カウンターの中で洗い物をしていた敏彦が、ふと顔を上げて僕に気付き声をかけてきた。

「やだ、智、ひさしぶりじゃない。元気だった?」

「先週も来たのにあんたが休みだっただけでしょ」そこまで言って、しまったと思った。僕はすっかりオネエだったのだ。とりあえず気を取り直して少し低めの声で、「ジントニック」と短めに。この場合「ジントニックお願い」でも「ちょうだい」でもまずい気がしたのだ。

 僕と敏彦が二言、三言、言葉を交わしている間も横顔に孝志の視線を感じた。もう一度、孝志の瞳をしばらく見つめ、こんどは僕から視線をはずしてみた。それから敏彦の方を意味ありげに見た。鈍い奴だ。上目遣いに媚びるような視線を送ると、敏彦はしたり顔になって、

「今日はじめてのお客さんなの。えっと、そうそう、孝志さんでしたよね。コイツは智。よくウチのお店にくる子なの。カワイクないでしょ」

「大きなお世話よ」

 あっ、まずい、そう思ったが時すでに遅し。もう開き直って、

「これでもかわいいと思ってくださる方がいますから」

「もし世の中にそんな奇特な人がいたら顔が見てみたいわね」

「ご覧になれば?」と言って僕は思い切りひょうきんな顔を作って孝志の方にふっと視線を投げかけた。孝志は焦ったようすだ。敏彦は呆れ顔で肩をすくめ、向こうの方に行ってしまった。もう一度孝志を振り返ると、目を伏せて視線を逸らしながら、

「ずいぶん大胆なんだね。君って」と、平坦な口調で言った。

 それには答えず、ジントニックに口をつける。しばし沈黙があったが、

「仕事は何?」と淡々とした口調で孝志が尋ねた。

「お気楽なOLです」

「いつもそんな調子なの? しゃべり方」

「二丁目にいるときは。まさか普段からこんなんじゃありません。いやなの?」

「ううん、別に…」

 会話が弾み、酒が進んでも孝志は常にクールな表情を崩さなかった。孝志は二十七歳のコピーライターでスキューバダイビングが趣味。三日間連続で休みが取れると必ず国内の島々や、ときにはプーケットとかタヒチまで潜りにゆくそうだ。また海外に旅行にもよく出掛けるらしく、イタリアで警官の発砲した弾が危うく自分に当たりそうになったことや、ロンドンでたまたまIRAのテロに出くわしたことなどを淡々と語ってくれた。僕が彼に対して持っていたイメージはおおかた当たっていたみたいだ。

 話の途中にも、孝志は僕の唇や首筋、指先などをじっと見つめることがあった。見られていると感じると頭に血がカーッと昇り、だんだんと孝志のペースに巻き込まれていった。会話が途絶えると、孝志は袖をまくりチラリと時計を見た。十二時四十五分。僕の終電はもう終わっている。孝志は意味深に僕の瞳を見つめた。僕たちはどちらから言い出すともなく店を出て歩きはじめた。べつに誘うでもなく誘われるでもなくタクシーを拾う。孝志はときどき僕の目を見つめながらソツなくリードした。

 タクシーに乗り込むと、孝志は僕の手を握ってきた。そしてニヤッと笑ったが、なんのわるびれたところもなかった。動悸が激しくなり、喉が乾いた。僕はいま一番欲している肉体が隣りにあるのに自分のものにはならない焦燥感に、さらに欲情させられた…

続きはApple Booksで😊

http://books.apple.com/us/book/id1466154989