父よ

父よ
最近、お前の声が聞こえてしかたがない
お前の影に、わたしは怯えている
わたしが十八歳のとき、お前はこう言った
「お前はわしの一滴のしずくから産まれたんじゃ」と

ならば、わたしを始末しなさい
わたしは日に日にお前に似てきて
なんとしかめっ面になって泣いていることか

こんな怪物に成り果てて
死ぬことすら出来ない

お前はあっけなく死んだ
わたしを始末せよ

日に日に迫る狂気に怯え
母を看取るだけのために生き長らえている

何の役にも立たぬだけではなく
ああ、これ以上は言わせないでください

あなたが子供だったわたしをバルコニーから吊るしたとき
あの時、いっそのこと

いや、 わたしはお前の子などではない
お前の子などおりはせぬのだ

わたしはこれからも生きてゆく
お前の分まで、などとは言ってやらない
わたしはわたしに与えられし命をまっとうするのだ

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

1969年生まれの男性。子供の頃から言葉に敏感で小学校低学年で文章能力を自覚しました。高校生の時には作文の懸賞で大画面テレビを(^_^;) 94年に白井俊介という筆名で薔薇族デビュー。4作品掲載。99年タテイシユウスケでBadiデビュー。5作品掲載。タテイシユウスケ名義で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。2008年までサイトで執筆活動していました。その後しばらく執筆活動から離れていました。ペンネームを2018年にリュッツォに刷新し、金澤詩人賞に応募したところ、賞の候補として選ばれ詩人デビューしました。現在、様々な創作活動をしているおじさんです。瀬戸内の濃厚な遺伝子と北陸の農民のハイブリッド。 犬と植物が好きなおじさんです。G-MENには投稿したことがないのですが、どちらかというとジーメン系でぼちぼちサムソン系(^_^;) 中のおじさんは温厚な性格の坊主頭のおじさんですが、創作物はなぜか暗めのドリーミングな感じになってしまう💧

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中