水晶

日曜日のクリスタルな、
青空の透明感

凝結した結晶のような空
空が壁みたいだと言ったのは、
ボウルズだった

光の下、
この細い小道をかきわけて、
あなたがやって来るかと思うと、
ぞくぞくしちゃう

あなたはこの小道を、
かきわけて来るの
かきわけて、かきわけて、
やって来るの

それから、
わたしたちは水晶になって

子供の頃に、
殴りつけられて、
傷だらけになってしまった体を、
人にはさわらせなくなったわたし

四角形の水晶を羽交い締めに縛って、
あなたとなら結晶になれる

水晶だって、
ハチミツを塗って舐めてみて

色彩のない世界だって
アンフラジャイル

たったあれだけの接点で、
頭が爆発しそうになるの

もう、壊れものではない、
壊れたりはしない

傷つけられても、
もう壊れたりはしない
あなたがいなくても

BjorkのBiophiliaのクリスタラインを聴いて思いついた詩です。

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

1969年生まれの男性。子供の頃から言葉に敏感で小学校低学年で文章能力を自覚しました。高校生の時には作文の懸賞で大画面テレビを(^_^;) 94年に白井俊介という筆名で薔薇族デビュー。4作品掲載。99年タテイシユウスケでBadiデビュー。5作品掲載。タテイシユウスケ名義で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。2008年までサイトで執筆活動していました。その後しばらく執筆活動から離れていました。ペンネームを2018年にリュッツォに刷新し、金澤詩人賞に応募したところ、賞の候補として選ばれ詩人デビューしました。現在、様々な創作活動をしているおじさんです。瀬戸内の濃厚な遺伝子と北陸の農民のハイブリッド。 犬と植物が好きなおじさんです。G-MENには投稿したことがないのですが、どちらかというとジーメン系でぼちぼちサムソン系(^_^;) 中のおじさんは温厚な性格の坊主頭のおじさんですが、創作物はなぜか暗めのドリーミングな感じになってしまう💧

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中