観(Kan)

トキトキトキトキトキメいて
新鮮なキャベツ
ザンギリアタマのミニチュアシュナウザー

ヘコヘコヘコヘコ歩くなと
トリトリトリトリトリ戻せ
シンシントモにトリカエセ

断水のときに井戸を解放してくれたおばあさん
お礼にプレミアムモルツもってったら涙ぐんでた

仏教では衝動的な妄執が愛だと言うけれど
それで、いいです・・・。

チチはわたしをバルコニーからつるした
般若心経の読誦

もしあの男が生まれ変わることがあったら
妻や子に手をあげることがありませんように、って

わたしはさぞかし限界に来ていて
それでも
それなり
モガイてアガイてマナんでいるの

生きとしイケルものはタマシイを一つだけ持っていて
タマシイが一つでないものなんていない

母は家族三人くらいわたしが養います
そう言って働きに出かけた
わたしが十歳のとき

そんなわたしも、
そろそろ五十を迎えようとしている

すべては、赦しと愛へとむかう
この、青い舟に乗って、わたしたちは観ている
見つめることが赦しになるなら
観続けるしかないようだ

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

2019年金澤詩人賞候補として詩人デビューしました。1969年生まれの男性。90年代は薔薇族とバディで小説を執筆させていただきタテイシユウスケ名義で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。しばらく執筆活動から離れました。ペンネームは2018年にリュッツォに刷新しました。瀬戸内の濃厚な遺伝子と北陸の農民のハイブリッド。算命学占い始めました。 中の人は劣悪な境涯で生きてきた割には温厚な、犬好きのおじさんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中