アン・ブロンテ詩集

アン・ブロンテ全詩集

このブログを読んでいただいてる方はイギリスのブロンテ兄弟をご存知でしょうかね? 19世紀に活躍した4兄弟ですが、特に長女シャーロット・ブロンテの「ジェーン・エア」、次女のエミリー・ブロンテの「嵐が丘」が有名で、現在でも世界文学史上の金字塔という扱いになっています。

その二人の活躍もあって、長男で唯一の男、ブランウェル・ブロンテの詩集やアン・ブロンテ小説、詩が現在でも印刷物として時々出版されます。

そして、今回ご紹介するアン・ブロンテの全詩集、最近出版されたので4月末に購入してアマゾンのリンクを貼ろうと思っていたのですが、自分が読み終えてからの方が良いかと思ったり、急ぎの用事があって遅れてしまいました^^;

で、なぜ紹介しようかと思ったかといいますと、ブロンテ兄弟はいまだに根強い人気があるので10年から20年に一度出版されます。しかし19世紀の人ということもあってさほど売れずに増版されることがなく、その時に買っておかないと手に入らなかったり、高額になってしまうのです。

早めにご紹介しようと思っていたのですが、残念ながらもう定価の新品は売り切れで、中古か高額の新古本しか出回っていないようです。

ですが、とにかく文学界では伝説の兄弟(姉妹と言われることが多いですが、一応、一人一番活躍しなかったブランウェルが男なので(^◇^;) なので、またいつか出版があるはずです(^_^;)

昨年でしたか、シャーロット・ブロンテの全詩集とブランウェル・ブロンテの全詩集も翻訳・出版されたのでリンクしておきますが、1万5千円強と、ちょっと高額です。

わたしは滅多にないチャンスなので押さえておきました。興味のある方は上下のリンクからどうぞ。

この4兄弟ですが、現在もイギリス文学界の金字塔ですが、残念なことに誰も子供を残さなかったんですよね。皆若死にというのもあったのですが、唯一結婚したシャーロットも子供を残すことなく30代で死んでしまって…。

この遺伝子が残らなかったのは残念ですが、残らなかった才能の遺伝子って歴史上、数え切れないくらいあるんでしょうね。

ところでアン・ブロンテの詩は、癒し系で安心して読める詩が多いです。疲れた時に読むと癒されます☺️

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

1969年生まれの男性。もう50歳の爺です😭 94年に白井俊介「真夜中の雨」で薔薇族デビュー。薔薇族4作品掲載(一作品は連載)。99年タテイシユウスケ「調香師」でBadiデビュー。Badiは5作品掲載。タテイシユウスケ「みずぎわ」で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。2019年リュッツォ、「A Cricket - コオロギ」で金澤詩人賞候補。 犬と植物が好きなおじさんです🙂 創作物はなぜか暗めのドリーミングな感じになってしまう💧 中の人はダメダメで気分のムラがあるやっぱりダメダメなオヤジです😭 時々ご乱心遊ばしますが放置しておくとじきにおさまりますので😓

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中