夜が更けると現れるわたし

わたしのツイッターのアカウントはサイトに表示されているのだけれど、睡眠薬を飲んだ後に朦朧として変な、どちらかというとイメージダウンのことを呟いているのです。

でもこれは睡眠薬を飲んだ後に何かが憑依している状態で呟いていて、翌朝読んでみると、呟いた覚えさえないことばかり。

三十歳くらいから自覚がありましたけど、わたしにはどうやら、人を落ち着かせる文章を書く才能があるようだ。

実際に、夜な夜なわたしのサイトを舐めるようにして読んでいる方もいらっしゃるようで。

ツイッターでの発言が気に食わない、というのなら、もう読んでもらえないのでしょうけれど、ある意味、自分でも手に負えない状態になってしまって。

書くということは、あくまでも自分を追求することであったり、特に文学を目指しているわたしにとっては、自分を追求することも、避けては通れない道です。

ツイッターでの発言に同意できないので小説は読まない、というのはごく当たり前の感覚だと思います。同意できない人の本を、お金出して買ってくれとは、売り手であるわたしにも言えません。

脈絡もなくなってしまいましたが、サイトはできるだけ居心地の良い、落ち着く空間にしていけたらな、と思っている次第であります。

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

1969年生まれの男性。もう50歳の爺です😭 94年に白井俊介「真夜中の雨」で薔薇族デビュー。薔薇族4作品掲載(一作品は連載)。99年タテイシユウスケ「調香師」でBadiデビュー。Badiは5作品掲載。タテイシユウスケ「みずぎわ」で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。2019年リュッツォ、「A Cricket - コオロギ」で金澤詩人賞候補。 犬と植物が好きなおじさんです🙂 創作物はなぜか暗めのドリーミングな感じになってしまう💧 中の人はダメダメで気分のムラがあるやっぱりダメダメなオヤジです😭 時々ご乱心遊ばしますが放置しておくとじきにおさまりますので😓

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中