タテイシユウスケというペンネームで「調香室」という書き物サイトをやっていました。

現在はリュッツォというペンネームを使って書き物をやっていますが、過去には白井俊介やタテイシユウスケというペンネームで薔薇族、Badiといった雑誌でゲイ小説を書かせていただいておりました。

もう20年前のことなので打ち明けても時効だと思いますが、Badiの方から「もっとエロいのを書いて欲しい」というようなことを言われ始めたんです。わたしは純文学的なことがやりたかったのと、2000年頃にはネット上で女性読者を対象にしたボーイズラブが書かれるご時世になっていたので、Badiと袂を分かつ決意をしました。

それから長いことタテイシユウスケのペンネームでオンライン小説を書いていて、当時わたしは会社員をやっていたので収入も安定していていたので、お金のことよりも自分の表現を優先させてサイトでは好き放題にしていました。

当時は小説サイト「調香室」といえば結構な数の腐女子や文学好きの方が訪れてくれるサイトとして少しは名を馳せていました。

で、しばらく書き物から遠ざかっているうちにわたしは時代に取り残され、、、。

2008年に閉鎖した「調香室」のイメージで現在のサイトを復帰させたのですが、ホームページの時代でもなくビジターも過去のようではなくて…。

それでもわたしの表現の場としてこれからもやっていきたいと思います。

「調香室」をやっていた時との決定的な違いは、今では電子書籍化できることです。これは読者にとって出費は伴いますが縦書きでキレイに読めるという利点もあります。また著者側には利益はもちろん、きちんとした形で市場に置き、残せるという大きな利点があります。

ですので基本、公開レベルに達した仕事ができた場合は電子書籍化しますが、小さな書き物はサイトでも扱っていきたいと思います。

よろしくお願いします☺️

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

1969年生まれの男性。もう51歳の爺です😭 94年に白井俊介「真夜中の雨」で薔薇族デビュー。薔薇族4作品掲載(一作品は連載)。99年タテイシユウスケ「調香師」でBadiデビュー。Badiは5作品掲載。タテイシユウスケ「みずぎわ」で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。2019年リュッツォ、「A Cricket - コオロギ」で金澤詩人賞候補。 犬と植物が好きなおじさんです🙂 創作物はなぜか暗めのドリーミングな感じになってしまう💧 瀬戸内地方に住んでいます。 算命学という占いもやっていますのでお気軽にお申し込みください☺️よく当たると評判です🙂

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中