吉岡幸雄さん「日本の色辞典」

みなさん、こんにちは!リュッツォです!お久しぶりです!

今日はわたしが書き物をするときに愛用している吉岡幸雄さんの「日本の色辞典」のご紹介です!☺️

Amazonへのリンク→ 日本の色辞典 (染司よしおか日本の伝統色)

こちらの色辞典、価格は税抜き3,300円と少々高価ですが、他の色辞典にはない魅力があります。おすすめです🤗

ページも295ページとボリュームたっぷり!

様々な色を日本の伝統的な呼び方ではどう呼ぶのか、またその色にある背景、日本では古来どんな風に使われていたかなど解説している本です。

わたしは詩を書くときにこの本で色を調べています。

詩ではただ「深緑」というより「木賊(とくさ)色」と言った方が詩情があるように思えるんです、わたしは。

また、この本を眺めていて詩や書き物のヒントになることもあります!

各色とその解説。
貴重な資料の写真も掲載♪

また、青、赤、黄、など色の系統別に扉で日本ではその色がどのようにして作られていたかとか解説があります。

色の原料の解説なども。

その他、各系統ごとに西洋の呼び方、現代の呼び方はどうなっているかのページもあります。

しおりも付いてます♪

こちらの本、少々高価ですが466色も網羅されているし読み応えありますよ。

吉岡さんは染め物をやっている専門家で日本の古来の色に造詣が深い方です。

日本人としてのアイデンティティをみたり、何か書き物の役に立つと思います♪

この本、一度電子書籍でダウンロードしたのですが、やはり本で持っておきたいと思って本も購入しました😅タブレットでも書物でも活躍しています🙂

よかったらこちらのAmazonリンクからどうぞ☺️

日本の色辞典 (染司よしおか日本の伝統色)

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

現筆名、リュッツォ。1969年生まれの男性。もう51歳の爺です😭 94年に白井俊介「真夜中の雨」で薔薇族デビュー。薔薇族4作品掲載(一作品は連載)。99年タテイシユウスケ「調香師」でBadiデビュー。Badiは5作品掲載。タテイシユウスケ「みずぎわ」で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。2019年リュッツォ、「A Cricket - コオロギ」で金澤詩人賞候補。 犬と植物が好きなおじさんです🙂 創作物はなぜか暗めのドリーミングな感じになってしまう💧 瀬戸内地方に住んでいます。 算命学という占いもやっていますのでお気軽にお申し込みください☺️よく当たると評判です🙂

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中