文芸作品「破壊」

みなさん、こんにちは😀 リュッツォです🤗

今日は先日発売開始した文芸作品「破壊」のご紹介です。

この作品、宮島を舞台とした13000字くらいの中編で、若干暗いトーンです。

タイトルもダーク系ですよね?(笑)

「波光イマージュ」とは違って宮島の美しさを描いた作品ではなく、一部舞台が宮島なだけで、特にストーリーのない短編小説になります。

性描写もなければ、同性愛的な要素もほとんどありません。

出だしを読むにはこちら。

それほど読んでいてワクワクする作品でもなく、どちらかというと純文学・文芸小説になるのですが、よかったら読んでくださいませ😊

Kindle ↓✨Kindle Unlimited参加中♪

破壊

「破壊」。13000字の短編文芸作品。「波光イマージュ」、「Fear – 恐怖」と共に暗転三部作。ある時からある時に時間軸がワープする、著者が「暗転」と称する技法が使われています。幼い頃に父親から虐待を受けていた子供が少年となり、独り立ちを目指す頃のこと、また、大人になってから失敗、子供時代の虐待など舞台が一気に変わります。序盤の舞台は瀬戸内海に佇む宮島です。宮島の年末年始のことが描かれています。これといったストーリはなく、叙事詩のようでもあります。2020年執筆。

投稿者: リュッツォ(Ryuzzo)

現筆名、リュッツォ。1969年生まれの男性。当サイトでゲイ小説、純文学小説、詩、童話など自作の小説を紹介しております。ぜひ電子書籍を読んでくださいね😀 94年に白井俊介「真夜中の雨」で薔薇族デビュー。薔薇族4作品掲載(一作品は連載)。99年タテイシユウスケ「調香師」でBadiデビュー。Badiは5作品掲載。タテイシユウスケ「みずぎわ」で第9回バディ小説大賞特別賞受賞。00年代にWebサイト『調香室』に移行。数多くのゲイ小説を執筆し、コアなファンを中心に支持を得ていました。2019年に現筆名リュッツォの「A Cricket - コオロギ」で金澤詩人賞候補。2020年、金澤詩人賞候補。 犬と植物が好きなおじさんです🙂 手慰みにMIDIキーボードで音楽も作っています。 創作物はなぜか暗めのドリーミングな感じになってしまう💧 瀬戸内地方に住んでいます。 算命学という占いもやっていますのでお気軽にお申し込みください☺️よく当たると評判です🙂

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中