新作の予定など

みなさん、こんにちは!リュッツォです!

今日は近況報告と新作の予定など。

実は新作のゲイ小説は2作品ほど書き上がっているんです。

ただ、Badi掲載作品集、薔薇族掲載作品集の紙出版などがあったので、少し間をあけようかな、というのがあり、要するに出し渋っている状態です(笑)

ですので、せめて年内に1作品は電子出版したいなと思っています!

先に出版するのは51歳ウケと76歳タチの老けx老けの作品で、性描写に富んでいます。一体、老け老けに需要があるのかという…(笑)

もう1作品は54歳ウケと19歳タチの老けx若(笑)

こちらの作品はずっと性描写ばっかりです(笑)

どうなんでしょうね?

読んでもらえるのでしょうか?

そう多くはないですが、わたしの電子書籍も購入していただいたり、Kindle Unlimitedで読んでいただいているので、大変感謝しております。

ところで、今日は久しぶりに創作音楽をアップロードしました。Macのスピーカーの調子が悪くて音楽環境が良くなくなったのですが、iPhoneを使ったりして作りました。

音楽も暇つぶしに聴いてやってくださいね。

ジャンルは環境音楽?みたいなのとか、こういうのあったら面白いだろうな、という音楽を作っています。

うちのキーボードにチェンバロ(ハープシコード)の音があるので、バッハの平均律クラヴィーア曲集1-1とかトトトの歌とか、簡単な曲を練習しています。

犬が先日13歳になって、やはり老化が目立ち始めました。

とても可愛がっているので、見ていてハラハラします…。

Twitterは面倒くさくなってきたので放置しています(笑)

新作などの情報は随時こちらのサイトでお知らせしますね!

では、今日はこのへんで!

雨の牙 – 薔薇族掲載作品集発売!

みなさん、こんにちは!リュッツォです!

最近は特にゲイ小説は紙書籍があまりないですし、みなさん電子書籍で購入する時代ですが、わたしが薔薇族に小説を掲載してもらっていた時代は電子書籍などなく、雑誌に一度掲載されたら、もうそれっきりになっていました。

この度、わたしが書いたゲイ小説で、薔薇族に掲載された作品を4作品ほど収録した紙書籍「雨の牙」を紙の書籍にて出版いたしました!

わたしの作風は決してエロエロではないのですが、薔薇族時代はまだ性描写が豊富でした。そしてハッピーエンドでないものも多いです。

当時はまだ若く24歳、25歳くらいでしたので、ストーリーも起伏のあるものとなっています。

オンデマンド出版なのと、わたしの代表作の一つでもある「雨の牙」が長編のためページ数が多いため価格が高いです。どうぞご容赦ください。

これを機会にぜひお手元に一冊どうぞ!なんなら二冊でも三冊でも(笑)

Amazonに飛びます。 ↓

雨の牙 – 薔薇族掲載作品集 (MyISBN – デザインエッグ社)

収録作品の紹介についてはこちら。↓

真夜中の雨」。薔薇族1995年1月号掲載ゲイ小説「掠奪」。知的で都会的な孝志と出会った智は順調に交際していたが、孝志の友人で正反対のワイルドなタイプの健次に無理やりレイプされて関係にヒビが入る。そして三人は微妙な三角関係となる…。健次のしたことは許せないが、憎めないタイプで、情熱的に愛を告白してくる。智は翻弄されてしまい…。結末はどうなるのか、当時の薔薇族の性描写を交えながら送るストーリ性の高い短編小説。原稿用紙約40枚。筆者処女作品。94年執筆。250円。出だしを読むにはこちら。

卒業旅行 – ふたりだけの一夜」。薔薇族96年1月掲載ゲイ青春小説。大学生の主人公はアメフト部の同級生に片思いの恋をしている。四年間も思いつめていた片思い。彼のことを見つめるだけで切ない日々を送っていた主人公。どうしていいかわからないまま時だけが流れて卒業を迎えようとするとき、二人だけで過ごす一夜が訪れた。ふたりだけの一夜。せつない片思いを描いた小説です。性描写なし。薔薇族掲載時筆名は広岡智彦。薔薇族での副題は「ふたりだけの一夜」でした。95年執筆。250円。出だしを読むにはこちら。

ほほにかかる涙」。薔薇族96年3月号掲載ゲイ小説。タイトルはイタリアのカンツオーネの曲から取ったもの。勇作と美形の正雪はお互いに好意を持っているのにうまく表せずにお互いに割り切りの関係だと言い訳する。焦ったい切ないラブロマンスをとにかくロマンティックに描いた安定のハッピーエンドです。掲載時筆名は白井俊介。95年執筆。250円。出だしを読むにはこちら。

雨の牙」。悲恋ですが大作です。薔薇族2000年連載作品。連載時ペンネーム白井俊介。いわゆるホワイトカラーの勇一はひょんなきっかけで肉体労働者の竜二と出会う。最初は竜二を見下していた勇一だったが、竜二の優しさに接するうちに愛し合うようになる。しかし竜二には雨が降ると悪魔が降り立ち…。二人は悲劇の深みにはまります。二人の間の悲劇を丁寧に描いています。悲恋に終わる、救いようのない物語ですが、二人が愛し合った時間は事実だと受け止めてください。とても悲しいと反響のあった、薔薇族が二年も待ってくれて掲載してくれた大作です。原稿用紙100枚の中編で、雑誌掲載は難しい枚数でしたが、薔薇族が認めてくれて待ってくれた作品で、他のゲイ小説ではない深いストーリーの作品です。97年執筆。350円。出だしを読むにはこちら。

ぜひご購入くださいね♪

雨の牙 – 薔薇族掲載作品集 (MyISBN – デザインエッグ社)

ではではどうぞよろしく!

調香師 – Badi掲載作品集発売!

現筆名リュッツォは2018年から使っているものですが、わたしは2000年から2015年までタテイシユウスケという筆名でゲイ小説を書いていました。

Badiとお仕事したのは5作品のみなのですが、その5作品を今回、紙の書籍として出版いたしました!

現在予約受付中で、発売日は2021年5月31日の予定です。

ご購入はこちらから↓Amazonに飛びます♪

調香師 – Badi掲載作品集 (MyISBN – デザインエッグ社)

さて、こちらの本、切なかったりいわゆるバッドエンドのものも含まれますが、当時、独特の透明感のある文体、と評価されておりました。

Badi小説大賞特別賞受賞作「みずぎわ」ももちろん収録しております。

5作品についての紹介はこちら↓

調香師」。Badi2000年2月号掲載作品。調香師とは、香水などの香りを創作する職人のこと。派遣社員として香料会社に入った僕は、ふと目が合った調香師と会話を交わす。調香師、川本は主人公、僕の年代に向けた製品を作っていたちょうどその時で、僕を呼び止めて香りの感想を聞く。そこから二人の恋の物語が始まる。調香師、川本は既婚者だが実はゲイで、二人は未来のない恋を嘆きながら、急かされるように体を重ねる。都会のホテルの一室で逢瀬を繰り返す二人。未来のない恋が辛くなって来た僕は、「もう会わない方がいいんじゃないかな」とふと口に出してしまう。二人に未来はあるのか…。切ない恋愛を、「独特の透明感を持っている」と称された文体で綴る、感情を抑えた短編ゲイ小説。2000年のBadi小説大賞本命と言われていた作品です。出だしを読むにはこちら。

みずぎわ」。ゲイ雑誌Badi2000年5月号掲載作品。第9回バディ小説大賞特別賞受賞作品。港町を舞台に繰り広げられる友情と恋愛感情、友人の恋人との揺れる三角関係を描いた作品。小説作品としてのクオリティーを評価されましたが、読者からは「難解だ」と言われ特別賞に繰り下げられた曰く付きの作品です。いわゆる「やおい」のやまなしおちなし意味なしを文学的に綴った独特の空気感があります。出来栄えやアプローチについては自信作です。性描写は淡々としています。原稿用紙60枚くらいの中編。あとがきあり。出だしを読むにはこちら。

すきとおる。」。Badi2000年10月掲載ゲイ小説。ゆったりとした浮揚感のある文体で丁寧に綴ったハッピーエンドの作品です。恋のきっかけ、恋人に理解してもらえないもどかしさで孤独を感じる主人公が、恋人に描いていた幻影をふとしたきっかけで振り切るような物語です。性描写は淡々と控え目です。やさしい空気感の中で人の持つある種の渇望を描いています。ひょんなきっかけでトオルと知り合った僕は何となく恋人になってしまうが、自分のことをわかってもらえない、そして相手のこともよくわからないという違和感にとらわれる。ふとしたきっかけで、追い求めてきた恋人像がトオルだったとわかる瞬間を綴ったハッピーエンドです。念のため、タイトルは「好き、トオル」という意味ではありません(笑) 出だしを読むにはこちら。

ドーン・ブレイク・タンゴ – 夜をあきらめない男たち」。Badi2000年12月掲載ゲイ小説。性描写は控え目なハード・ボイルド・タッチの作品です。類稀なる才能を持っていたのに全てを台無しにした男と、離れてゆく取り巻きの中で残った青年のやるせない物語。低いトーンに抑えて綴った作品です。少し読んでみるにはこちら。

ストローク」。ひなびた斜陽の町で繰り広げられる、男同士の出会いから別れまでを丁寧で繊細な文章で綴った作品です。ゲイ雑誌Badi2001年3月号掲載短編ゲイ小説。掲載時筆名はタテイシユウスケ。性描写はとても淡白ですが、感情や景色を繊細に綴っています。出だしを読むにはこちら。

ご購入はこちら↓Amazonに飛びます♪

調香師 – Badi掲載作品集 (MyISBN – デザインエッグ社)

なかなか紙の本を買わない時代ですが、この機会に昔のゲイ小説を読んでみませんか?

ストーリーに富んでいて性描写が少なく、独特の文体で綴られた作品集です。

どうぞよろしくお願いします😊

ピアノやり始めました(^ ^)

みなさん、こんにちは!リュッツォです!😀

Twitterの方では色々と話しているのですが、2月に地元でチェンバロの体験講座があったんです。

それに参加したところ、鍵盤楽器の楽しさに開眼しました。

で、家でパソコンにMIDIキーボードを繋いでピアノの練習をしています。一人でも学べる教本がヤマハから出ていて、それに従って、簡単な曲の練習をしています。

ちょうちょうから始めて、ベートーベンの喜びの歌とか、エルビス・プレスリーのラブミーテンダーなんか弾いております。とても楽しいです😁

教本とは別に、バッハの平均律クラヴィーアの楽譜を買ってプレリュードの練習をしたり、ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌとか、ゆったりしたクラシック曲の練習をしたり、古い映画ですが、ピアノ・レッスンという映画で使われていた曲を練習しています。

まだまだ弾けませんが💦

今、本業の仕事の方が忙しく、なかなか小説に時間を割けないのですが…。

それと、宣伝になりますが、薔薇族掲載作品集とBadi掲載作品集の紙の書籍を出す予定です。Amazonで取り扱ってもらいます。

オンデマンド書籍なので、価格が高くなってしまうのはご容赦ください。

また詳細がわかったら、こちらでも宣伝しますね♪

コロナ禍ですので、みなさん電子書籍などダウンロードして楽しんでくださいね😁

免疫力をupして風邪予防!

みなさん、こんにちは😀 リュッツォです!

リュッツォは若い時分から中年期、もっと言うなら今年の半ばまで風邪をひきやすい体質でした。

体質なんでしょうかね?でもとにかく風邪をよく引いていました。

会社勤めをしていた頃は欠勤こそしませんでしたけれど、有給休暇はほぼすべて病気休暇で取っていました。有給休暇が取りやすい職場とはいえ、「風邪を引いたので休みます」と連絡するのはなんだか気が引けてました。

それでこの年になって「風邪ってなんとかならないかな?」と思い、色々な本を読みました。

もちろん、新型コロナのこともあったので、できるだけウイルスを近づけない生活ができないかと思い、いくつか本を読みました。

ウイルスを遠ざける手段としてわたしがやっているのは、適切な手洗いとうがい、鼻うがいです。

手もハンドソープを使いすぎると手の常在菌が死滅してしまって返って病原体に感染しやすくなるそうで、最小限にしています。

鼻うがいも外出から帰った時と、朝起きた時だけ。

で、結局、風邪の類にかかるまいと思うと免疫力を高める以外に方法はないらしく、藤田絋一郎さんという東京医科歯科大学の名誉教授の「免疫力」という本を読んでみました。

↓ Amazonに飛びます。

免疫力 – 正しく知って、正しく整える – (ワニブックスPLUS新書)

この本、素晴らしくよかったです!

免疫力を高めるために参考になることがたくさん書かれているのですが、免疫力を高めるためには腸内細菌を整えなければいけません。

そこで食事療法が大切になるのですが、先生が提唱するのが野菜と穀類が6割の食事。

野菜がそんなに食べれるのか?って思いましたけど、先生が提唱する蒸し野菜をするといろんな種類の野菜をたくさん食べれます!

参考までに、うちでやっている蒸し野菜の画像↓

今回はスナップエンドウ、キャベツ、椎茸、ミニトマト、かぼちゃ、ブロッコリーを蒸してみました。

他にもオクラ、芽キャベツ、ニンジン、たまねぎなどいろいろできます。

野菜を蒸して酢味噌をつけて食べるだけで美味しいしたくさん野菜が食べれます!

それから、わたしがおすすめしたい免疫力アップの方法の一つにビタミンCの摂取。

藤田先生の本にはビタミンC、ビタミンBは免疫力をアップする栄養素だとのこと。

ただ、他の本ではビタミンCが風邪の予防や改善になるという根拠は現在はないという情報が書かれていました。

しかし、わたしはビタミンCとビタミンBのサプリを摂り始めてから明らかに風邪をひかなくなりましたよ!😄

わたしが摂っているサプリはこれです↓

大塚製薬 ネイチャーメイド C1000mg 200粒 100日分

大塚製薬 ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒 60日分

いずれにせよ栄養素はサプリよりも食事から取る方が良いので、ご参考までに、という形です。

明らかに風邪をひきにくくなったので、風邪で悩んでいる方の参考になればなと思い、この記事を書きました。

風邪をひくと生産性が落ちるし、何よりも面白くないですもんね。

みなさん、風邪やコロナに気をつけてくださいませ。

文芸作品「破壊」

みなさん、こんにちは😀 リュッツォです🤗

今日は先日発売開始した文芸作品「破壊」のご紹介です。

この作品、宮島を舞台とした13000字くらいの中編で、若干暗いトーンです。

タイトルもダーク系ですよね?(笑)

「波光イマージュ」とは違って宮島の美しさを描いた作品ではなく、一部舞台が宮島なだけで、特にストーリーのない短編小説になります。

性描写もなければ、同性愛的な要素もほとんどありません。

出だしを読むにはこちら。

それほど読んでいてワクワクする作品でもなく、どちらかというと純文学・文芸小説になるのですが、よかったら読んでくださいませ😊

Kindle ↓✨Kindle Unlimited参加中♪

破壊

「破壊」。13000字の短編文芸作品。「波光イマージュ」、「Fear – 恐怖」と共に暗転三部作。ある時からある時に時間軸がワープする、著者が「暗転」と称する技法が使われています。幼い頃に父親から虐待を受けていた子供が少年となり、独り立ちを目指す頃のこと、また、大人になってから失敗、子供時代の虐待など舞台が一気に変わります。序盤の舞台は瀬戸内海に佇む宮島です。宮島の年末年始のことが描かれています。これといったストーリはなく、叙事詩のようでもあります。2020年執筆。

ひなたのようにポカポカなオイルヒーター:デロンギ QSD0915-WH

先日オイルヒーターを買い替えました。

前のはフィンランドのメーカーでしたが、15年くらい使いましたかね。壊れてしまいました。

そのフィンランドのメーカーがどうやら日本撤退したようなので、今回はデロンギのオイルヒーター☺️

Amazonへのリンク→ デロンギ(DeLonghi)  ドラゴンデジタル スマート オイルヒーター ピュアホワイト + ホワイトX字型フィン9枚  10~13畳用 QSD0915-WH

こちら、電気をよく使うので環境問題的にはどうかなと思うのですが、かといって灯油をぼうぼうと炊くのが環境に良いかというと・・・。

うちには86歳の母と12歳の犬がいるので、少なくとも安全面では灯油の暖房よりもオイルヒーターが良いと判断しました!

何せ空気も汚れませんし、火傷・火事になりにくい。

そしてひなたに包まれるような優しい暖かさ☺️

極寒地域の方には物足りない暖房でしょうが、瀬戸内くらいでしたらこれで乗り切れます♪

犬がぶつかっても火傷になりにくいし、しばらくはこれにします!

Amazonへのリンク→ デロンギ(DeLonghi)  ドラゴンデジタル スマート オイルヒーター ピュアホワイト + ホワイトX字型フィン9枚  10~13畳用 QSD0915-WH

風邪の初期症状にエルダーフラワーやジャーマンカモミール

みなさん、こんにちは😀リュッツォです!

風邪の季節がやってきましたが、みなさん風邪はひきやすいですか?

リュッツォは鼻風邪をひきやすい体質です。あまり寝込むほどの風邪にならないようにはしているのですが…。

わたしは3年前まで風邪をひくと市販の風邪薬を飲んでいました。品名は言えないのですが、ドラッグストアで売られているメジャーなやつです。

で、これを飲んでいてい副作用でなんと救急車で運ばれる事態に!💦

この風邪薬、医師が言うには膀胱を詰まらせる副作用があり、尿がでなくなるのです。尿が出なくなって膀胱がいっぱいになって意識を失って倒れているところを母に発見されて救急車騒ぎになりました💧

カテーテルで尿を抜いてもらって事なきを得ましたが…。

で、本題ですが、それ以来、できるだけ市販の化学薬を買わずに風邪の初期症状に効くとされているハーブを飲むことにしています☺️

Amazonリンクと写真を使ってご紹介していきますね!

まずはエルダーフラワーのシロップ😀

常に常備しています。

エルダーフラワーは耳鼻科系にいいハーブで、風邪の初期の鼻水とか咳、喉の痛みに優しく効きます。夏場はシロップを希釈して氷を入れて飲むと甘くて美味しく喉にいいのでシロップ常備☺️

Amazonリンク→ ダルボ エルダーフラワー シロップ 500ml

こちら、1800円くらいするので、ここぞという時だけ飲んで普段はエルダーフラワーのお茶を飲んでいます。これもいい匂いとほっとする味わいがして安らぎます☺️

エルダーフラワーのティーバッグ。

お茶のAmazonリンク→ エルダーフラワーティー[1.5g×60ティーバッグ]●西洋ニワトコ・エルダーティー|ヴィーナース

こちら2300円くらいですが、60バッグ入っているので長持ちですね。

それから次におすすめしたいのがジャーマンカモミールのお茶。

こちらは西洋では風邪に処方されるハーブで、風邪の初期症状に効果があるのとリラックス効果があるので免疫力アップで風邪を撃退🙂

早めに飲んでおきたいお茶ですね。

ジャーマンカモミールのティーバッグ。
お茶にしました♪

Amazonへのリンク→ ジャーマンカモミールティー(カミツレ・ハーブティー・ノンカフェイン) 1.5g×50ティーバッグ入り (1個)

それからわたしがよく飲んでいるのはエキナセアという免疫力アップのハーブティーです。こちら普段から飲んでいると風邪をひきにくいというのですが、それでも風邪はひきますよね…。でも免疫力アップの効果があるのでコロナにもいいかも??

Amazonへのリンク→ 生活の木 有機ハーブ エキナセア 100g

こちらはティーバッグになっていないお茶っ葉ですのでご注意😀

で、わたしはエキナセアや頭痛に効能のあるフィーバーフューは庭で作ってお茶っ葉にしています、園芸が趣味ですから☺️

ハーブはやはり化学薬のように即効性がないのでなかなか効果を実感できないのですが、市販の風邪薬って、飲むと確かに鼻水が止まったりしますが、喉が乾いたり便秘したりしませんか?

副作用が結構あるので、わたしは歳も歳だしできるだけ飲まないようにしています。

風邪の初期症状の時にハーブで対応しておいて、少し悪化するようならショウガを擦ってハチミツ入れて生姜湯にして飲んでます。寝る前に飲むと体が温もって大事に至らないことが多いですね。

どうしても、もうムリってときは病院ですね。市販薬は懲りたので😅

では、よかったら生活のヒントにしてくださいませ♪

エルダーフラワーは樹木なのですが、植えようかと画策中😁

ザ・ノースフェイスのメンズエコバッグを買ったよ!

みなさん、こんにちは🙂リュッツォです☺️

リュッツォは随分前からエコバッグを使って買い物しているのですが、長年使い古したAIGLEのエコバッグが破れてしまったのでノースフェイスのエコバッグに買い換えました!

Amazonで買いました。

Amazonのリンク→ [ザノースフェイス] トートバッグ TNFオーガニックコットントート

こんな感じです♪ジャン♪

こちら縦が47センチで横が44センチの割と大きなトートバッグになります☺️

100%オーガニックコットンで環境に優しいですね!

リュッツォは今、環境問題に関心があります。

最近の長雨に猛暑に大型台風、アメリカでは山火事に巨大ハリケーン!これって地球温暖化が原因との説が有力で・・・。

二酸化炭素排出に限らず、レジ袋はいずれ崩壊してプラスチックゴミになってお魚さんの胃袋や鳥さん達の胃袋を汚染してしまいます・・・。

確実に可燃ごみに出せばいいのですが、台風で巻き上げられたり、いろいろあるんでしょうね、現実に大阪湾には300万枚のレジ袋が沈んでいると環境省のホームページにあります。

ですから有料でも無料でもレジ袋は使わないほうが環境に良さそうですね。

個人でできる努力というのは本当に限られていますけど、みんなが意識を高めることで違ってくる、ってか地球温暖化なんとかしないと将来暮らせなくなってしまう、地球😢

みんなで地球を守りたいですね!☺️

ではもう一度Amazonへのリンク貼りますね。なかなかかっこいいし、メンズのエコバッグも色々ありますが、これ、コンビニやスーパーのお弁当も傾かずに入るのでおすすめ♪

[ザノースフェイス] トートバッグ TNFオーガニックコットントート

薔薇族テレカ

薔薇族デビュー25周年ですのでもうずいぶん昔の話なのですが、1994年から2000年にかけてわたしが書いた小説が4作品、掲載となりました。

そのうちの一つ「雨の牙」は全編・後編に渡る二連載でしたので、合計で5回に渡って掲載していただきました。

その縁でいただいたテレカには間違いないのですが、わたしの手元に3枚の薔薇族テレカがあります。

もう昔のことなので記憶があやふやで、掲載された号と共に送られてきたのか、それとも別の機会に送られてきたのか覚えていません。

掲載号と共に送られてきたなら5枚あってもおかしくないのですが、とにかく手元には3枚しかありません。

「雨の牙」は2000年という薔薇族最終盤に連載された作品なので、もしかしたら方針の変更などでこの作品だけ贈られなかったという可能性もあります。

ちなみにわたしは覚えているだけで合計5作品を薔薇族に投稿していて、ボツになったのは1つ限りではなかったかなと記憶しております。

早速、画像と共に薔薇族テレカのご紹介🙂

まずは男性の六尺姿のテレカ。月刊薔薇族としか書かれていないので、年単位で製作していたのか月単位で製作していたのかは不明。

個人的なことを言うと、この男性わたしのタイプです☺️

鼻の下が伸びそう(笑) 体もいいですね。挑発的な眼差しもいい感じです(笑)

お次は当時、長谷川サダオ「画伯」とすら呼ばれていた故・長谷川サダオさんのイラストの薔薇族テレカ。長谷川さんは海外で個展をされるなど当時はもうすごい存在でした。

わたしの処女作「真夜中の雨」に長谷川画伯のイラストがつけられていてビビったのを今でも覚えています。長谷川画伯にイラストをつけて頂くというのはメインディッシュ扱いですので。

続く「卒業旅行」、「ほほにかかる涙」も長谷川さんにイラストをつけていただきました。ご存命中はすべて長谷川さんのイラストという扱いに今では目がうるうる😂

最後は三上風太さんのイラストの薔薇族テレカ。三上さんには「雨の牙」のイラストを前編・後編共につけていただきました。

長谷川さんが急逝されたのもあり、後に薔薇族を一身に担ったイラストレーターさんです。薔薇族なき後はサムソンでご活躍されていたようです。

残念ながらサムソンは休刊に入りましたが、今後のご活躍をお祈りしております。

閑話休題。

わたしが薔薇族に投稿していたのは薔薇族の終盤の90年代でしたが、当時でも薔薇族は勢いがある雑誌で、まだBadiに追撃を許すこともなく、おそらく小説もたくさん投稿が寄せられていたと思います。というのもバディの編集担当さんが「すっごい送られてきます」とおっしゃっていたので。

ですので薔薇族は小説が掲載されると、掲載された号だけ送られてくるという形式でした。なぜテレカをもらっていたのかはよく覚えていません。

編集担当の方とも電話でしか話したことがありません。

一方バディは編集さんとも西◯さんともお会いしたことがあります。今となっては時効でしょうから話しますけれど、わたしはバディに初投稿して以来、5年間バディの雑誌が無料で送られてくるという扱いを受けていました^_^;

単に事務的な間違いで掲載されていない号も送られてきていたのか、VIP待遇だったのか、怖くて確認しませんでした。

ただ西◯さんに「他の作家さんの小説も読んであげて、勉強してね」と一言言われていたので期待もされていたのかもしれません。もしくは他の作家さんも同じ扱いでわたしだけ特別、というわけではなかったか・・・。

不明です。

結果、バディとは1年で袂を分かつ決意をしたので、その後の4年間はただ雑誌が送られてきていたという・・・💦

時効ですよね?

もう15年以上前ですから。

そんなちょっとした自慢話を今日は語ってみました。

薔薇族やBadiについては当時を知るものとして色々と話したいことがあるので、また別の機会にお話しできたらな、と思います🙂