薔薇族掲載作「ほほにかかる涙」

http://books.apple.com/us/book/id1468854468

http://books.apple.com/us/book/id1468854105

薔薇族96年3月号掲載ゲイ小説。タイトルはイタリアのカンツオーネの曲から取ったもの。勇作と美形の正雪はお互いに好意を持っているのにうまく表せずにお互いに割り切りの関係だと言い訳する。焦ったい切ないラブロマンスをとにかくロマンティックに描いた安定のハッピーエンドです。掲載時筆名は白井俊介。表紙がイラスト版とノーマル版をご用意しております。内容は同じです。価格も同じなのでお好きな方をお選びください。400円

こんな夜には

こんな時には亡き王女のためのパヴァーヌを聴くしかない

こんな時には辻井さんじゃなくてエル=バシャに限る

何度も何度も亡き王女のためのパヴァーヌをリピートして

抜けてきたら通しで聴く

ラヴェルのピアノワークスを聴いていると

夜になって煌めいてくる

ツヤツヤの夜の、

広大無辺な布のマントがこの丘を包み

わたしはヌードの心でいられる

そんな日には少しずつ書いて

少しでもいいから書いて

あとで纏め上げる力を持ったわたしを待つ

わたしの中にいる、

あるとき急に物語に纏め上げる影を背中で待つ

Badi掲載作「ドーン・ブレイク・タンゴ – 夜をあきらめない男たち」

新刊のお知らせです🙂

Badi2000年12月掲載ゲイ小説。性描写は控え目なハード・ボイルド・タッチの作品です。類稀なる才能を持っていたのに全てを台無しにした男と、離れてゆく取り巻きの中で残った青年のやるせない物語。低いトーンに抑えて綴った作品です。400円。Apple Booksにて😊

http://books.apple.com/us/book/id1468210902

薔薇族掲載作「卒業旅行 – ふたりだけの一夜」

http://books.apple.com/us/book/id1468056417

薔薇族96年1月掲載ゲイ青春小説。大学生の主人公はアメフト部の同級生に片思いの恋をしている。どうしていいかわからないまま時だけが流れて卒業を迎えようとするとき、二人だけで過ごす一夜が訪れた。せつない片思いを描いた小説です。性描写なし。薔薇族掲載時筆名は広岡智彦。

Kindle販売終了のお知らせ

大変心苦しいのですが、わたしの書籍に起こっているKindleの不具合の解消の見通しが立たないため、Kindleの販売をやめることを決意いたしました。

不具合の原因がKindle側でわからないということなので、どうにも仕様が無い状態です😭

電子書籍はApple Booksのみのお取り扱いとなります。

よろしくお願いいたします。

リュッツォ🙂

「うまく歌えなくても」

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1466179631

「うまく歌えなくても」。2002年タテイシユウスケ名義で発行した同人誌「うまく歌えなくても」。性描写はなし。恋人への恋しい気持ちを詩的に描いた作品です。月と交信するぬいぐるみとお喋りをしたり、ファンタジックな面もあります。原稿用紙15枚程度の小品。紙媒体の同人誌は500円で残部僅少。デジタルは200円。

「やさしい夜」

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1466189577

「やさしい夜」。2004年執筆。30代半ばのゲイの日常のような、日記のような長編小説。詳細は「雨の牙」のあとがきにありますが、「雨の牙」の主人公たちへのわたしなりの救いとして書いたものです。無料公開の予定でしたが、登録の面でどうしても有料になってしまいました。50円