図書館司書の女性に愛されたゲイ小説「カルネバーレ」

みなさん、こんにちは! リュッツォです!

今日は私が書いたゲイ小説、もしくはボーイズラブ小説のカルネバーレを紹介したいと思います。

私は薔薇族やBadiというゲイ雑誌で小説を執筆させていただいておりました。

もちろん読むのはゲイだと思って書いていました。

そしてこの作品についても、ゲイ雑誌で掲載していただければいいなと思いながら書きました。

ですので、そもそもはゲイ小説です。ゲイを対象に書きました。

しかし物語が長くなってしまったのと、性描写が前半ではあまりないことから、ゲイ雑誌に掲載してもらうことを見送り、自分で出版することにいたしました。

それが2000年くらいですかね。で実際に出版して、ふたを開けてみると、まず感想いただいたのがとある地方に住む図書館司書の女性でした。

彼女から来たメールはこういったものでした。

「私はこのジャンルの小説を読むのは初めてだけれど、なんだか読んでいるうちに自分が恋をしているようなそんな気持ちになりました」

そんなふうに言ってくださって、しかも私の作品が載っているBadiというゲイ雑誌をすべて購入してくださいました。

それからも交流があったのですが、今は交流が途絶えています。

で実際に、この作品はどうやら女性が好むようです。

私は特にこの頃は、性表現については婉曲的な性描写をしていました。

ですので私の作品には、「オッス!、オッス!、ち◯ぽ!、ち◯ぽ!」といったそういう作品はありません。

なので女性に受けたのかなと思います。

その女性は20代後半で、恋人のいる女性でした。そして結婚を前提に彼氏と付き合っているけれど、なかなか踏み切れない。

そういったジレンマを抱えているようでした。

もしかしたらこの小説が、そんな若い女性に刺さるのかなと思い、今回宣伝させていただきます。

舞台はロンドンで始まります。それからイタリアのヴァネッツィアに移るのですが、この作品、水の描写が多いです。

そしてこの前、校正がてら自分で読んでみましたが、とても美しい作品だと感じ、とても美しい作品だと自負しております。

物語の展開はちょっと分かりにくく、複雑かもしれませんが、特に本を読み慣れた本好きの方に愛される傾向にあります。

純粋に読み物として読んでみたい人、それから少し風変わりなボーイズラブ小説読んでみたい方。そんな方にお勧めの作品です。

三角関係が揺れるように描かれています。

そういうのが好きな方は、ぜひ読んでくださいね。異国情緒あふれる作品です!

リュッツォでした!

電子書籍はこちらから!

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1471470098

Kindle ↓

https://amzn.to/38gtczE

ゲイ・ボーイズラブ超短編小説集「短い短編集」

みなさん、こんにちは!リュッツォです😀

今回はわたしの新書籍発売のお知らせです!

こちら、新書籍なのですが、新作ではありません。

原稿用紙5枚くらいの超短編ゲイ・BL小説を、今までそれぞれKindleの最低価格99円で販売していたのですが、これってちょっと高いですよね?

わたしの方でも気が咎めていたもので…。

で、今回、「Stranger」、「薔薇色に滅びゆく」、「溺れる白鳥」、「たかしのとなり」、「上弦」の5作品をまとめて書籍にした次第です。

今はまだこれらの作品は個別でも販売しておりますが、いずれ時がきたら個別の作品は廃盤にして整理したいと思います。

今まで1作品が99円だったのが、5作品で250円になったのでお値打ち価格だと思います😃

ぜひよろしくどうぞ♪

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1609729982

Kindle ↓

短い短編集: リュッツォ短編集

「短い短編集」。原稿用紙5枚程度のさらっとしたゲイ短編小説を5編収録したリュッツォ短編集。収録作品は「Stranger」。30代の青年同士の恋愛ゲイ小説。東京から大阪に転勤で来た主人公と京都のとある老舗の若旦那が恋仲になる。情景をさらっと描写した2400字の超短編小説。2007年執筆。「薔薇色に滅びゆく」。旅行先のフィレンツェで出会った精悍な青年に誘惑され情事を持つわたし。男同士の性愛を幻想的に描いた、あまりストーリーのないゲイ小説。2500字の短編。大人のボーイズラブ小説で、性描写はほとんどないに等しいです。どちらかというとBL寄りの文体で、ロマンティックでファンタジックに描かれています。さらっと読める短編で、精悍な男に誘惑されるわたしが彼に惹き込まれる様子を綴っています。後味の悪さもないので、気軽に楽しめる作品です。2015年執筆。「溺れる白鳥」。ジュネ的、ボーイズラブ的に綴った超短編ゲイ小説。性描写はありません。湖に沈んでゆく溺れる歳老いた白鳥の「わたし」とわたしを救う男の物語を幻想的に描きました。ストーリー性はそれほど高くなく、二人の間に横たわる空間を描いた2400字の短編です。気軽に読めて読後感が他になかなかない味わいに仕上げました。超耽美なわけでもなく、少しうっとりと陶酔した文体でさらさらと綴っています。舞台は深夜の湖。2019年執筆。「たかしのとなり」。ボーイズラブ青春小説。3000字の超短編、高校球児の淡い恋の物語。高校球児・甲谷孝の隣の席には同じ野球部の磯部隆の席がある。二人は大の仲良しで、磯部は甲谷に告白する。しかし甲谷には他に好きな人がいて…。2015年にプロットを書いていたがお蔵入りしていた作品を2019年に執筆し直しました。性描写なしのライトな短編です。「上弦」。五十歳も近づいた初老の男のところに小さな男の子がやってきて、「おじさんには雪の思い出がありますか?」と尋ねる。男の子は男の遠い親戚の子で雪国に住んでいて、雪下ろしのない生活がどんなだか知りたかった。雪の思い出と尋ねられ、普段話し相手のいない男は嬉々として語り始めた。それが相方の男のことだった。性描写がないのでゲイ小説とは呼べない純文学ですが、ゲイ視点で描かれています。性描写のない、2000字の短編。ゲイが初老になった時のある種のリアルを、ユーモアを交えて書かれた幻想小説です。読後感は、後味の悪いものではありません。2018年執筆。