初の詩集「ピーコックブルーの罪」のご紹介

みなさんこんにちは、リュッツォです。

今日は私が初めて電子出版した詩集についてのご紹介です。

私は現時点で3冊ほど詩集を電子出版しています。今回、最初に書いた「ピーコックブルーの罪」という詩集を新装版にしました。

内容は変更しておりません。校正もし、Apple Booksに復活させました!

この詩集は、まずは海への思慕から始まります。私は海沿いの町で生まれ、海沿いの町で育ちました。海に対しては特別な思い入れがあり、今でも海がとても恋しく思います。

そういった詩から始まり、最新作「夜想に耽溺する」の詩情に少し似たところもあり、通ずるところもありますが、私が感じた人生のブランクや、失敗、それから東京で過ごしたときの記憶の破片や、ロンドンでの出来事などそういったことの詩もあります。

「夜想に耽溺する」との決定的なちがいは、失敗から立ち直る前の詩集だったというのがありますかね。

この詩集は、進化論に裏付けされたことなども描かれています。

この詩集を書くにあたって、特に意識したのは海でした。そして生命。

神様というようなものがいらっしゃるのでしょうか、生命を作り出し、罪を与えた海を表現しております。

しかし、自分が生きていた証なども書き込んでしまいました。

これは人生に一度は失敗した者が感じることでもあり、年老いていくにつれて感じることだとも思います。

私は病気で長いブランクを過ごし、今はなんとか元気で過ごしています。そのような気持ちのアウトプットのつもりではあります。

海について想いを持っている方、ブランクを感じたことのある方にぜひ読んでいただきたい詩集です。

この詩集は、中高年で失敗を経験した人がある人や、夢破れた人、また、そういったことに興味がある方に特にもお勧めです。

多少、同性愛的な内容も含みます。

ボーナストラックは優しく希望の持てるものになっております。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1496904078

Kindle ↓

ピーコックブルーの罪

詳細 ↓

ピーコックブルーの罪」。リュッツォ初詩集。生命をテーマに綴った30編の詩とボーナストラック1編。字数にして1万3千字強。いわゆる現代詩の難解さはなく、どちらかというとクラシックな近代詩寄りの詩集です。瀬戸内の風景に乗せて生命をうたっています。生命が出る海への思慕などの詩です。同性愛的表現を含む作品が二、三ありますが、アダルト指定に該当するような表現ではありません。収録詩は以下。「クラゲ」、「空っぽの瞳」、「コバルト色の矢」、「オコゼ」、「サンダーボルト」、「コンコース」、「顔」、「記憶」、「オーシャンブルーのペンネーム」、「スカビオサの花束」、「青」、「森雨」、「夢反芻」、「泣き顔」、「彼女は老いて」、「神性」、「讃美歌」、「血色の媚薬」、「不穏な均整」、「タスマニアデビルの白昼夢」、「孔雀青の罪」、「薔薇の監獄」、「賽の河原のヘイトスピーチ」、「癒しフォーカス」、「恋し、幼馴染み」、「夜明けの街の水底で」、「バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ『シャコンヌ』ブゾーニ編曲に寄す」、「救済」、「いにしえとこしえ」、ボーナストラック「Picture thisに寄せて」。250円。書籍のサンプルはリンクから電子書籍を覗いてみてください!

✨現在Apple BooksとKindleで販売しておりますので、興味のある方は詳細をぜひクリックしてみてくださいね。

それでは今すぐこちらをクリックしていただけるととても嬉しいです。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1496904078

Kindle ↓

ピーコックブルーの罪

ゲイエロ老け✖︎若小説「月光と蝶々」のご紹介

みなさん、こんにちは! リュッツォです!

今日はわたしの最新作「月光と蝶々」について宣伝をしたいと思います。

この作品、54歳のウケと19歳のタチというカップリングです。

老け専要素あるし、若専要素もあります。

そしてとてもエロいです!

ずっとヤッってばっかりの小説のような感じです(笑)

性描写にはあふれてはいますが、これまでの文体の格調はできるだけ維持したいと思っています。そういう気持ちで書きました。

あまりストーリー性はなく、主人公の境界の部分を除いては、ずっと性描写が続いている感じです。

そういうのが好きな方、そしてわたしと同い歳くらいの人で、19歳とか若い子に掘られたいという願望をお持ちのあなたにぜひ読んでもらいたいです。

わたし自身19歳くらいの若い男の子に掘られてみたいという願望は強くあるのですが、30歳以上年下になりますし、どうなのかなとも思います(笑)

そんなわたしに声をかけてくる若い男の子は、大抵がウケなので、仕方がなくというか、最近わたしもタチに目覚めましたけど、タチをやっております(笑)

ですので最近は自称タチ寄りリバです(笑)

ぜひ購入して読んでやってください。

Apple BooksとKindleで販売しております!

これからはKindle Unlimitedが終わり次第、Apple Booksでも販売していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

電子書籍はこちら ↓

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1613296272

Kindle ↓

月光と蝶々

「月光と蝶々」。ゲイエロ、ホモエロ小説。54歳ウケの龍之介が19歳大学生タチの良太に掘られまくるゲイエロ小説。龍之介と良太はゲイアプリで知り合い、歳上が好きだという良太が龍之介のアパートにやってくる。最初から最後まで濃厚なエロ性描写。しかし文体は軽快でエログロではありません。54歳ウケの龍之介はトコロテン体質で何度もイかされ、良太の胸に甘えたがり、甘えた。龍之介は昔は割といい暮らしをしていたが、母の介護を機に離職してしまい、母の死後はしがないアルバイトとしてボロアパート暮らしをしている。良太はそんな龍之介を将来は養いたいとまで言うが、裏に何かあるのだろうか…。老け✖︎若カップルのエロ小説で、ヤッてばっかりです。歳上ウケが好きな方や、歳の離れた歳下に掘られたいという願望があるあなたに。最後はちょっぴり不思議なエンディング。2021年から2022年に執筆。250円。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1613296272

Kindle ↓

月光と蝶々

新作老け専ゲイ小説「色男」

みなさん、こんにちは!リュッツォと申します!

今日は久しぶりの新作のご紹介です!

前にまったくの新作を発表できたのは「キツネと刀鍛冶」だったのですが、それから二年?くらい経ってようやく新作ゲイ小説の発売に至りました。

その間は大昔に書いたゲイ雑誌掲載作品集の紙書籍の出版をしていたり、純文学作品を書いておりました。

今回の新作ゲイ小説はなんと爺同士の老け✖️老け!しかも老け老けなのに歳の差カップルです(笑)

76歳のタチと51歳のウケの話で、ストーリーや小説の種類としては、端正に描けた短編小説かなと自負しております。

エロ要素は結構濃厚です。性描写は豊富。しかし、ちょっと切なく苦い感じもあります。晩年の恋だし、既婚者と独身者ではなかなか噛み合わない点もあったりして。

老け老けがお好きな方はぜひ読んでくださいね!

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1614941774

Kindle ↓

色男

 76歳タチと51歳ウケの老x老のゲイ小説。老け専小説の中でも若干の歳の差あり。座禅会で知り合った吉川さんと主人公、僕の晩年の恋を綴った作品です。中盤に老人同士の濃厚な性描写あり。ただし、76歳タチは既婚者で、独身の僕との間には溝があり…。逢瀬を重ねてもなんとない違和感がつきまとう。吉川さんのことは好きだし、人生最後の恋にしたいと僕も思うのだけれど…。彼は既婚者で妻の介護もやっていて、子供もいて…。うまくいかない面もある恋物語なので少しビターテイストにもなっています。老人男同士の恋愛やセックスに興味のある方は是非読んでみてください。2021年執筆。250円。

どうぞよろしくお願いします😊

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1614941774

Kindle ↓

色男

雨の牙 – 薔薇族掲載作品集発売!

みなさん、こんにちは!リュッツォです!

最近は特にゲイ小説は紙書籍があまりないですし、みなさん電子書籍で購入する時代ですが、わたしが薔薇族に小説を掲載してもらっていた時代は電子書籍などなく、雑誌に一度掲載されたら、もうそれっきりになっていました。

この度、わたしが書いたゲイ小説で、薔薇族に掲載された作品を4作品ほど収録した紙書籍「雨の牙」を紙の書籍にて出版いたしました!

わたしの作風は決してエロエロではないのですが、薔薇族時代はまだ性描写が豊富でした。そしてハッピーエンドでないものも多いです。

当時はまだ若く24歳、25歳くらいでしたので、ストーリーも起伏のあるものとなっています。

オンデマンド出版なのと、わたしの代表作の一つでもある「雨の牙」が長編のためページ数が多いため価格が高いです。どうぞご容赦ください。

これを機会にぜひお手元に一冊どうぞ!なんなら二冊でも三冊でも(笑)

Amazonに飛びます。 ↓

雨の牙 – 薔薇族掲載作品集 (MyISBN – デザインエッグ社)

収録作品の紹介についてはこちら。↓

真夜中の雨」。薔薇族1995年1月号掲載ゲイ小説「掠奪」。知的で都会的な孝志と出会った智は順調に交際していたが、孝志の友人で正反対のワイルドなタイプの健次に無理やりレイプされて関係にヒビが入る。そして三人は微妙な三角関係となる…。健次のしたことは許せないが、憎めないタイプで、情熱的に愛を告白してくる。智は翻弄されてしまい…。結末はどうなるのか、当時の薔薇族の性描写を交えながら送るストーリ性の高い短編小説。原稿用紙約40枚。筆者処女作品。94年執筆。250円。

卒業旅行 – ふたりだけの一夜」。薔薇族96年1月掲載ゲイ青春小説。大学生の主人公はアメフト部の同級生に片思いの恋をしている。四年間も思いつめていた片思い。彼のことを見つめるだけで切ない日々を送っていた主人公。どうしていいかわからないまま時だけが流れて卒業を迎えようとするとき、二人だけで過ごす一夜が訪れた。ふたりだけの一夜。せつない片思いを描いた小説です。性描写なし。薔薇族掲載時筆名は広岡智彦。薔薇族での副題は「ふたりだけの一夜」でした。95年執筆。250円。

ほほにかかる涙」。薔薇族96年3月号掲載ゲイ小説。タイトルはイタリアのカンツオーネの曲から取ったもの。勇作と美形の正雪はお互いに好意を持っているのにうまく表せずにお互いに割り切りの関係だと言い訳する。焦ったい切ないラブロマンスをとにかくロマンティックに描いた安定のハッピーエンドです。掲載時筆名は白井俊介。95年執筆。

雨の牙」。悲恋ですが大作です。薔薇族2000年連載作品。連載時ペンネーム白井俊介。いわゆるホワイトカラーの勇一はひょんなきっかけで肉体労働者の竜二と出会う。最初は竜二を見下していた勇一だったが、竜二の優しさに接するうちに愛し合うようになる。しかし竜二には雨が降ると悪魔が降り立ち…。二人は悲劇の深みにはまります。二人の間の悲劇を丁寧に描いています。悲恋に終わる、救いようのない物語ですが、二人が愛し合った時間は事実だと受け止めてください。とても悲しいと反響のあった、薔薇族が二年も待ってくれて掲載してくれた大作です。原稿用紙100枚の中編で、雑誌掲載は難しい枚数でしたが、薔薇族が認めてくれて待ってくれた作品で、他のゲイ小説ではない深いストーリーの作品です。97年執筆。350円。

ぜひご購入くださいね♪

雨の牙 – 薔薇族掲載作品集 (MyISBN – デザインエッグ社)

ではではどうぞよろしく!

文芸ゲイ小説「Fear – 恐怖」

みなさん、こんにちは。リュッツォです。

今日はわたしが書いたゲイ要素の強い文芸小説「Fear – 恐怖」のご紹介です。

この作品に登場する男性は実際に会った方なのですが。自称ノンケのラガーマンでいい男でした。その男性はなかなか特殊な性癖を抱えていて、鼻を拳で殴られそうになることに強い性的興奮を感じるんです。

高校生の時は空手部で、先輩と一緒に寸止めの練習をしていて、先輩が間違ってその男性の鼻を殴ってしまったことがあったんだそうです。

そして先輩が「大丈夫か?」と空手着で抱き止めたところ、激しい性的な興奮を感じて急に勃起して射精まで至ったんだそうです。

その恐怖はすごかったそうです。それ以来、鼻を殴られそうになる妄想に取り憑かれてしまったという…。

その男性の相手をしたわたしの経験と、そして恐怖とはどんなものか、そういったことを綴ったのが、この作品になります。

誰にでもある死の恐怖などについても少し書いています。

あまり起伏のあるストーリーではないし、どちらかというと文芸作品になるので、当サイトでは文芸小説のコーナーに置いてありますが、ブログでもご紹介したいと思い、この記事を書いております。

よかったらぜひ電子書籍で読んでくださいね!

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1484439156

Kindle ↓

Fear – 恐怖

同性愛要素は少ないですし、性描写も希薄ですが、恐怖について綴った作品で、自分ではなかなか他にないテイストに仕上がっているかなと思っています。

ポルノ的ゲイ小説「黒装束」

みなさん、こんにちは!リュッツォです😀

今日は拙作のご紹介😀

「黒装束」という作品ですが、わたしが書いたゲイ小説の中では一番ポルノチックです。「ダブルブラインド」ほどの性描写ではないのですが、実験的ポルノですかね。

序盤に情景描写が少しある以外は全編を通して性描写だけで物語が綴られていきます。

性描写を通してグレートーンの男たちの悲哀や業の深さを描きたかった作品になります。

小説サイト「調香室」を運営していた時で、雑誌から離れたので自由にやってみようと思って書いた作品になります。

この小説の性描写、とても艶かしくかけていると思います。

また、実験的なチャレンジもしていますかね。

よかったら読んでやってくださいね😊

電子書籍でどうぞ ↓ 😁

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1472709981

黒装束

黒装束」。ゲイ小説。男同士の性描写だけで、どこまで人間の業の深さを描けるか実験した、アプローチとしてはデュラス的な、文学作品とも言えます。ほぼすべて、単調で淡々とした冷淡な性描写でもって、どこまで深い心理を描けるか実験した実験的なゲイ小説です。心に深い傷を負う男同士のつながりを淡々と描いた小説です。読後感は悲痛なものはなく、返って透明感のあるものに仕上げています。ある朝、窓辺にかかった白いシャツが無いことに気がついた主人公。そして葬儀に出かけるためにその白いシャツを着ていたカズマ。二人の単調なやり取りから始まります。他に無い類のゲイ小説です。2001年頃執筆。250円。

Kindle ↓

黒装束

 

長編文芸小説「調香室の精霊たち」

みなさん、こんにちは🙂 リュッツォです。

新作長編文芸小説「調香室の精霊たち」がKindleで2020/08/09発売になりました。

こちら、原稿用紙360枚の長編になります。

舞台は90年代の東京、とある香料会社。香りを創造する職業、調香師を主人公とした純文学小説です。男女間のいびつな愛と、男性同性愛要素を持ったドラマになります。拙作「調香師」よりもより香料業界に踏み込んだ作品となります。

実際は2000年代前半に書いていたのですが、発表する場所がなかったため長年お蔵入りしていたものを推敲しました。

若干難解な文章と平坦な描写が続きますが、ラストにかけてドラマがあります。読書中級くらいからの方に良いと思います。

電子書籍のダウンロード、ぜひよろしくお願いします☺️

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1526906614

Kindle ↓

調香室の精霊たち

調香室の精霊たち」。香りを創作する職人、調香師を主人公とした愛憎劇。調香師・北岡修一を主人公に、香料業界で繰り広げられるドラマを淡々とした文体で綴った長編小説。360枚の長編文芸小説になります。長年香料会社で働く北岡修一は三十代後半の独身。ある日会社に派遣社員の村上可南子が入社し、挨拶を交わした時にその美しさに心を打たれる。彼女への歪んだ愛情をこじらせる一方、彼女に対して北岡は性不能だと気が付く。北岡はどうやって彼女を愛せばいいだろうと苦悩し、他の男をあてがうようなことをしてしまう。そこへ北岡が勤める香料会社の最大の顧客の化粧品会社の社長の妻、真田夫人が船乗りの愛人を伴って現れ、舞台は次のステージへと移る。著者としては最大の文芸小説となり、筆致は過去最高となります。一方でかなり文体が硬質で、若干難解になっているので読書中級以上の方へのお勧めとなります。ゲイ小説「調香師」の男女版とも言えますが、ラストは救いようのない悲劇に終わります。同性愛要素もあります。淡々とした文章が続きますが、後半になって展開が早くなります。途中、読むのが苦難に感じられる箇所が延々と続きますのでご了承ください。その他、著者のゲイ小説の要素が各所に散りばめられた作品となります。2002年ごろ執筆したお蔵入り作品をこの度書き換え、校正いたしました。舞台は90年代となります。400円。

Badi01年3月号掲載ゲイ小説「ストローク」

みなさん、こんにちは🙂 リュッツォです☺️

今日はBadiという今はなきゲイ雑誌の2001年3月に掲載された拙作ゲイ小説「ストローク」のご紹介です。

この「ストローク」という言葉はどういう意味だろう? と思われた方、水泳の漕ぎや船の漕ぎに使われる場合もありますし、時計が打つのもストロークという言葉が使われます。

この小説では大切な小物としてブライトリングの時計が使われているので、時計が打つ、もしくは刻む時間をイメージしました。

この小説を書く前に、わたしの作品は登場人物が多く若干難解だと言われたものですから、この作品はとにかく読みやすく切ないもの、ということで登場人物も二人にしてコンパクトにしました。端正に仕上がった作品と自負しております。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1469662397

Kindle ↓

よろしくお願いします☺️

ストローク: Badi2001年3月号掲載作品

ストローク」。ひなびた斜陽の町で繰り広げられる、男同士の出会いから別れまでを丁寧で繊細な文章で綴った作品です。ゲイ雑誌Badi2001年3月号掲載短編ゲイ小説。掲載時筆名はタテイシユウスケ。性描写はとても淡白ですが、感情や景色を繊細に綴っています。250円。

00年Badi掲載ゲイ小説「すきとおる。」

みなさん、こんにちは☺️ リュッツォです🙂

今日は2000年、もう20年前になりましたが、00年にBadiというゲイ雑誌に掲載された拙作「すきとおる。」についてご紹介です。こちらタテイシユウスケ名義になります。

こちらの作品、夏頃読んでいただけると楽しめる作品なのですが、昔からの顔馴染みのゲイとひょんなきっかけで話すようになったゲイの主人公がそのゲイと付き合うようになります。

けれどもなかなか理解されないという違和感を覚えたり、恋人になってから浮気されたり、いろいろあって心の葛藤を抱えてしまうという物語です。

薔薇族掲載作は性描写が濃厚ですが、その他の作品は淡々としております。それよりもリアルゲイが抱える違和感などを描いた作品が多いと思いますので、よかったら電子書籍のダウンロード、お願いいたします🙏☺️

「すきとおる。」は透明感のある、夏のゆったりした雰囲気を浮遊感ある文体で綴った作品になります。よろしくお願いしますね🙂

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1469864559

Kindle ↓

すきとおる。: Badi2000年10月号掲載作品

すきとおる。」。Badi2000年10月掲載ゲイ小説。ゆったりとした浮揚感のある文体で丁寧に綴ったハッピーエンドの作品です。恋のきっかけ、恋人に理解してもらえないもどかしさで孤独を感じる主人公が、恋人に描いていた幻影をふとしたきっかけで振り切るような物語です。性描写は淡々と控え目です。やさしい空気感の中で人の持つある種の渇望を描いています。ひょんなきっかけでトオルと知り合った僕は何となく恋人になってしまうが、自分のことをわかってもらえない、そして相手のこともよくわからないという違和感にとらわれる。ふとしたきっかけで、追い求めてきた恋人像がトオルだったとわかる瞬間を綴ったハッピーエンドです。念のため、タイトルは「好き、トオル」という意味ではありません(笑) 250円。

ゲイ・BL小説「カルネバーレ」

みなさん、こんにちは☺️ リュッツォです☺️

今日はわたしが書いたBL小説「カルネバーレ」のご紹介😁

この小説、ゲイ小説というよりはBL小説で、女性人気が強かったんですよね。

一部抜粋は後に載せるとして、舞台はロンドンからベニスに移るという設定で、主人公と相手役の二人の間にたゆたう心情を情景描写を通して描いたものです。それから相手役の恋人が登場して三角関係へと移行する、というストーリー展開。

最後はどうなるんでしょうね😁

電子書籍ご購入お願いしますね!

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1471470098

Kindle ↓

カルネバーレ: 男たちの謝肉祭

カルネバーレ – 男たちの謝肉祭」。カルネバーレとはカーニバルのラテン語読み。テロで騒然とするロンドンから始まり、謝肉祭のカーニバルにざわめくヴェネツィアへと舞台が写る本格ゲイ文学。水をテーマに景色を繊細に描写し、その中で揺れる、ゲイ独特の同性友人への嫉妬、憧れ、恋心、そして友人の恋人への誘惑、など感情を繊細に描写した小説です。性描写はありますが、エロ目線で読む感じではなく、このジャンルに馴染みがない方でも文章を読むのが好きな方にはお勧めです。仕掛けられたトリックなどが随所に散りばめられた小説作品です。前半ゆっくりと進みますが、後半で畳み掛けるように展開していきます。2001年執筆。原稿用紙100枚くらいの中編になります。300円。