図書館司書の女性に愛されたゲイ小説「カルネバーレ」

みなさん、こんにちは! リュッツォです!

今日は私が書いたゲイ小説、もしくはボーイズラブ小説のカルネバーレを紹介したいと思います。

私は薔薇族やBadiというゲイ雑誌で小説を執筆させていただいておりました。

もちろん読むのはゲイだと思って書いていました。

そしてこの作品についても、ゲイ雑誌で掲載していただければいいなと思いながら書きました。

ですので、そもそもはゲイ小説です。ゲイを対象に書きました。

しかし物語が長くなってしまったのと、性描写が前半ではあまりないことから、ゲイ雑誌に掲載してもらうことを見送り、自分で出版することにいたしました。

それが2000年くらいですかね。で実際に出版して、ふたを開けてみると、まず感想いただいたのがとある地方に住む図書館司書の女性でした。

彼女から来たメールはこういったものでした。

「私はこのジャンルの小説を読むのは初めてだけれど、なんだか読んでいるうちに自分が恋をしているようなそんな気持ちになりました」

そんなふうに言ってくださって、しかも私の作品が載っているBadiというゲイ雑誌をすべて購入してくださいました。

それからも交流があったのですが、今は交流が途絶えています。

で実際に、この作品はどうやら女性が好むようです。

私は特にこの頃は、性表現については婉曲的な性描写をしていました。

ですので私の作品には、「オッス!、オッス!、ち◯ぽ!、ち◯ぽ!」といったそういう作品はありません。

なので女性に受けたのかなと思います。

その女性は20代後半で、恋人のいる女性でした。そして結婚を前提に彼氏と付き合っているけれど、なかなか踏み切れない。

そういったジレンマを抱えているようでした。

もしかしたらこの小説が、そんな若い女性に刺さるのかなと思い、今回宣伝させていただきます。

舞台はロンドンで始まります。それからイタリアのヴァネッツィアに移るのですが、この作品、水の描写が多いです。

そしてこの前、校正がてら自分で読んでみましたが、とても美しい作品だと感じ、とても美しい作品だと自負しております。

物語の展開はちょっと分かりにくく、複雑かもしれませんが、特に本を読み慣れた本好きの方に愛される傾向にあります。

純粋に読み物として読んでみたい人、それから少し風変わりなボーイズラブ小説読んでみたい方。そんな方にお勧めの作品です。

三角関係が揺れるように描かれています。

そういうのが好きな方は、ぜひ読んでくださいね。異国情緒あふれる作品です!

リュッツォでした!

電子書籍はこちらから!

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1471470098

Kindle ↓

https://amzn.to/38gtczE

薔薇族掲載小説作品群、Apple Books復活のお知らせ!

みなさん、こんにちは! リュッツォです!

私は白井俊介、広岡智といったペンネームで薔薇族に小説を掲載していただいておりました。

これらの書籍は現在、電子書籍紙書籍にしております!

今回は電子書籍に関するお知らせですが、一昨年でしたか昨年でしたかKindle Unlimitedに参加するために一度Apple Booksを撤退いたしました。

やはり読み放題ではなく、端末に保存していただきたいとの思いから、今年、Kindle Unlimitedを撤退し、現在、Apple Books復活作業をしております。

今日、薔薇族掲載作品群がApple Booksに戻ってきましたので、作品紹介とともにお知らせいたしますね!

どうぞ、これを機会にダウンロードしてみてください!

薔薇族作品は「真夜中の雨」が一番性描写に富んでエロく、「雨の牙」はとても悲しい作品です。

どうかみなさんに読んでいただけたらと思います!

気になる書籍があったら、今すぐリンクをクリックしていただけたら嬉しいです!

真夜中の雨

http://books.apple.com/us/book/id1466154989

真夜中の雨」。薔薇族1995年1月号掲載ゲイ小説「掠奪」。知的で都会的な孝志と出会った智は順調に交際していたが、孝志の友人で正反対のワイルドなタイプの健次に無理やりレイプされて関係にヒビが入る。そして三人は微妙な三角関係となる…。健次のしたことは許せないが、憎めないタイプで、情熱的に愛を告白してくる。智は翻弄されてしまい…。結末はどうなるのか、当時の薔薇族の性描写を交えながら送るストーリ性の高い短編小説。原稿用紙約40枚。筆者処女作品。94年執筆。250円。

卒業旅行

http://books.apple.com/us/book/id1468056417

卒業旅行 – ふたりだけの一夜」。薔薇族96年1月掲載ゲイ青春小説。大学生の主人公はアメフト部の同級生に片思いの恋をしている。四年間も思いつめていた片思い。彼のことを見つめるだけで切ない日々を送っていた主人公。どうしていいかわからないまま時だけが流れて卒業を迎えようとするとき、二人だけで過ごす一夜が訪れた。ふたりだけの一夜。せつない片思いを描いた小説です。性描写なし。薔薇族掲載時筆名は広岡智彦。薔薇族での副題は「ふたりだけの一夜」でした。95年執筆。250円。

ほほにかかる涙

http://books.apple.com/us/book/id1468854105

ほほにかかる涙」。薔薇族96年3月号掲載ゲイ小説。タイトルはイタリアのカンツオーネの曲から取ったもの。ある日新宿二丁目のバーで出会った美形の正雪と優作。その日のうちにセックスをする関係になる。優作と正雪はお互いに好意を持っているのにうまく表せずにお互いに割り切ったセックスだけの関係だと言い訳する。正雪は生意気な性格で、ある日優作を怒らせ、優作は雨の中、公園で正雪と泥にまみれたセックスをする。気まずくなった二人だが、それからどうなってしまうのか…。舞台は90年代新宿二丁目。90年代のゲイのリアリティを描いた作品でもあります。エロ要素濃い目でちょっと切ないけれどもハッピーエンドです。オネエなどの要素があり、焦ったい切ないラブロマンスをとにかくロマンティックに描いた作品です。掲載時筆名は白井俊介。95年執筆。250円。

雨の牙

http://books.apple.com/us/book/id1472993411

雨の牙」。悲恋ですが大作です。薔薇族2000年連載作品。連載時ペンネーム白井俊介。いわゆるホワイトカラーの勇一はひょんなきっかけで肉体労働者の竜二と出会う。最初は竜二を見下していた勇一だったが、竜二の優しさに接するうちに愛し合うようになる。しかし竜二には雨が降ると悪魔が降り立ち…。二人は悲劇の深みにはまります。二人の間の悲劇を丁寧に描いています。悲恋に終わる、救いようのない物語ですが、二人が愛し合った時間は事実だと受け止めてください。とても悲しいと反響のあった、薔薇族が二年も待ってくれて掲載してくれた大作です。原稿用紙100枚の中編で、雑誌掲載は難しい枚数でしたが、薔薇族が認めてくれて待ってくれた作品で、他のゲイ小説ではない深いストーリーの作品です。97年執筆。350円。

💫ではでは! よろしくお願い申し上げます!

Badi 2000年2月掲載ゲイ小説「調香師」

タテイシユウスケ名義でのデビュー作にしてBadi 2000年2月号掲載作の「調香師」という作品の抜粋です。ちょうどこの季節とラストが重なっていることから、今回ご紹介しようと思いました。

少しトーンダウンした作品で、BL小説の中では少し斬新な感覚があるかもしれません。約20年前の掲載時にも斬新な作風として反響をいただきましたが、現在でもBLの主流作品群とは少しちがっているかと思います。

書いたときは香料業界の調香師を題材にしたゲイ小説が書いてみたかったというのがありました。しかし基本的にはゲイの恋愛小説です。

性描写というか、エロは控え目です。というか、ほぼエロ目線では読めない作品ですので、読み物が好きな方向けです。

当時、Badiというゲイ雑誌がBadi小説大賞という賞を設けていて、Badiには初めての投稿でしたが、大賞を取るつもりで投稿しました。事実、大賞候補の大本命にしていただけました。二作目の「みずぎわ」の方が小説作品としてのクオリティが高いとのことで「調香師」は候補から外れて「みずぎわ」がノミネートされ、特別賞をいただきました。

この作品を書いたのは確か三十歳で、薔薇族にはもう五年も投稿していたので、どうせ書くなら作風を変えて投稿して賞をとってやろうと強く思った記憶があります。

原稿用紙二十五枚の作品の募集だったので、登場人物も少なくしてシンプルな設定にしました。

Badiはゲイによるゲイのためのゲイ小説を求めていたように思います。実際にはエロ目線の作品がよく読まれていたとの説もありますが、小説大賞としてはこういうちょっと切ないものが有利だったのかもしれません。

この頃からエアロビクスで走る強度の高いレッスンを受けていて、リズムに合わせながら走るということをやっていたので、リズム感や語感にも拘りました。

よろしかったら是非電子書籍ダウンロードしてくださいね🙂

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1466459404

Kindle ↓

調香師: 2000年Badi掲載作品(ゲイ雑誌)

調香師」。Badi2000年2月号掲載作品。調香師とは、香水などの香りを創作する職人のこと。派遣社員として香料会社に入った僕は、ふと目が合った調香師と会話を交わす。調香師、川本は主人公、僕の年代に向けた製品を作っていたちょうどその時で、僕を呼び止めて香りの感想を聞く。そこから二人の恋の物語が始まる。調香師、川本は既婚者だが実はゲイで、二人は未来のない恋を嘆きながら、急かされるように体を重ねる。都会のホテルの一室で逢瀬を繰り返す二人。未来のない恋が辛くなって来た僕は、「もう会わない方がいいんじゃないかな」とふと口に出してしまう。二人に未来はあるのか…。切ない恋愛を、「独特の透明感を持っている」と称された文体で綴る、感情を抑えた短編ゲイ小説。2000年のBadi小説大賞本命と言われていた作品です。250円。