電子書籍・紙書籍をご購入いただいた方へのお礼

みなさん、こんにちは!

リュッツォです。

なかなかお伝えする機会がないので、この場を借りて、電子書籍や紙書籍をご購入いただいた方々への感謝を伝えたいと思います。

まずは、書籍をご購入いただいた方、もし見てくださったなら、心より感謝いたします。

誠にありがとうございます。

気に入っていただけたならなお幸いです。

また他の書籍を読んでみるきっかけを持っていただけるようなら、ますます嬉しいかぎりです。

中には全書籍買っていただく方、複数書籍を買っていただく方もいらっしゃるようで、本当に感謝しております。

電子書籍を発売するようになってから約3年が経ちました。

最初はかなり売上もよく、現在使っているサイトの経費を差し引いても、ぎりぎり黒字でした。

Kindle Unlimitedに参加したのが失敗だったのか、売上は一時期は激減しました。

再びApple Booksを復活し、Kindleもお買い上げにしたところ、若干持ち直しております。

これからもよろしくお願い申し上げます。

今はサイトが有料プランを使っており、できたら今後も有料プランを維持していきたいのですが、現在ではかなりの赤字となっております。

ですので、お買い上げを心よりお待ちしております。

出来るだけよいサービスをしたいと思っております。

また、お買い上げの感謝の気持ちを後書きなどで書籍に添えたいと思っているのですが、一冊ごとに違う後書きにしようと思っているので、まだまだ先になるかと思います。

ですから、まずはこの場を借りて、電子書籍や紙書籍をご購入いただいた読者の方に心より感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

できたら、感謝の気持ちを動画にしてサイトにアップしたいので、現在、構想を練っているところです。

このサイトもそうビジターが多いサイトではないですが、私も多勢に向けて顔を出すほどの勇気はないので、顔は髭がわかる程度か、マスク着用で感謝の気持ちをトークする形を考えております。

また、まったく話は変わりますが、小説は淡々とした感じのものを書くのが好きなのですが、本人はとてもエロいおじさんで、褌を締めるのが好きです。

顔がわからない形にはしますが、褌を締めた姿のプロフィールページなども作成したいと思っております。読者へのサービスになりますかね(笑)

そして、ついでにお話しすると、若干肌の露出をした褌画像や動画の配信サービスも考えております。

そちらにつきましては、サイトのプランがさらに上がると思うので、有料会員様のみの会員ページにしたいと思います。

どういった形にするかはまったくの白紙なので、考え次第、またこのブログでお伝えしたいと思います。

みなさん、そういった初老ゲイの配信サービス、お求めですかね?

どうでしょうか。需要があるようならやってみたいと思います。

ただ、世の中には過激な無修正のポルノなどが溢れ、多くは無料で観れますので、よほど私に興味がある方しか希望されないだろうことは重々承知しております。

こちらも探りを入れながらやっていきたいと思います!

需要がなければ潔く来年は無料サイトに移行いたします。

今日は以上です。

各地梅雨明けが発表されているようで、これから暑くなるかと思いますが、みなさん、ご自愛くださいね。

今後ともよろしくお願い申し上げます。感謝をこめて。

リュッツォ

電子書籍を買っていただいたお礼と、そしてこのブログを最後まで読んでいただいたお礼にちょっとしたサービス画像を添付いたします(笑)

「二十四時間纏わりつく、歓喜に満ちた狂気」ご紹介

みなさん、こんにちは! リュッツォです! お久しぶりです!

今回は新刊のご案内です!

私、そんなに暗い性格ではないというか、どちらかというとはしやぎすぎな面もあるくらいなのですが、どうしても作品を書くときは暗めのトーンが多いんですよね。

今回は純文学作品になりますが、これがまた暗いんですよね。

主人公はかつては製薬会社に勤めるエリート会社員だったんですけれど、ある事件を起こして会社をやめて田舎の家で母親に監視されて暮らしているんです。

このテーマ、前回作品「化鳥と少年」に通ずるものもあるのですが、今回のテーマは仏教の無常感 vs 永遠の命を得たという少女、になります。

主人公は引きこもり生活の中で仏教に傾倒してゆくのですが、そこへ永遠の命を得たというかつてのセフレが現れるんです。

そして激しいセックスを繰り返すのですが…。

永遠の命なんて信じられませんよね。

そしてそれは、仏教が説く、何事も移ろって変わってゆくという価値観に反するわけです。

主人公は最後、どうするのか…。

ぜひ、読んでみてくださいね!

よろしくお願いします!😊

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id6442959023

Kindle ↓

https://amzn.to/3znmDa1

仏教の無常観 vs 永遠の命を得たと言い張る女子高生…。激しい性描写のある純文学作品。主人公はかつては製薬会社に勤務するエリート社員だった男。会社での機密事項を知るうち、ある種、仕事のストレスや負荷で狂っていき、ある日事件を起こしてしまい、おかしくなって母親に長いあいだ軟禁されることになる。軟禁された布団部屋で、男は仏教の空性、つまり無常を信じるようになり、すべては移ろっていくとの信念を持つようになった。男は狂気の中で仏教の空性に傾倒してゆく。そこへ現れた永延の命を得たと言う少女。それは、かつてのセックスフレンドだった女。二人は何度も激しいセックスするが、少女はイニシエーションの儀式をすれば男に永遠の命をあたえられる、とそそのかす…。男の選択は…? 男は永遠の命を授かることを選ぶのだろうか…?これは狂気について語った作品でもある。また、男は阿弥陀如来を相手に般若心経をあげ、空性について瞑想している。長いブランクを持つ方、仏教の無常観に興味のある方に読んでいただきたい作品です。アダルト指定しますが、純文学です。38000字の長編。2020年から2022年にかけて執筆。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id6442959023

Kindle ↓

https://amzn.to/3MC2W0W

Apple Booksに全書籍戻ってきました!!

皆さん、こんにちは! リュッツォです!

以前、Kindle Unlimitedに参加するためにApple Booksのご利用ができなくなっていましたが、Kindle Unlimitedから撤退し、全書籍をApple Booksでも販売しております!

こちらが書籍一覧へのリンクになります!

https://apple.co/3t6LYRS

気になる書籍があれば、ぜひご購入くださいませ!

どうぞよろしくお願い申し上げます!

リュッツォでした!

文芸作品「破壊」

みなさん、こんにちは😀 リュッツォです🤗

今日は先日発売開始した文芸作品「破壊」のご紹介です。

この作品、宮島を舞台とした13000字くらいの中編で、若干暗いトーンです。

タイトルもダーク系ですよね?(笑)

「波光イマージュ」とは違って宮島の美しさを描いた作品ではなく、一部舞台が宮島なだけで、特にストーリーのない短編小説になります。

性描写もなければ、同性愛的な要素もほとんどありません。

それほど読んでいてワクワクする作品でもなく、どちらかというと純文学・文芸小説になるのですが、よかったらぜひ電子書籍で読んでくださいませ😊

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1613328204

Kindle ↓

破壊

「破壊」。13000字の短編文芸作品。「波光イマージュ」、「Fear – 恐怖」と共に暗転三部作。ある時からある時に時間軸がワープする、著者が「暗転」と称する技法が使われています。幼い頃に父親から虐待を受けていた子供が少年となり、独り立ちを目指す頃のこと、また、大人になってから失敗、子供時代の虐待など舞台が一気に変わります。序盤の舞台は瀬戸内海に佇む宮島です。宮島の年末年始のことが描かれています。これといったストーリはなく、叙事詩のようでもあります。2020年執筆。