電子書籍お買い上げへのお礼トーク動画

みなさん、こんにちは! リュッツォです!

普段、電子書籍をお買い上げいただくことへの感謝を込めて、トーク動画を撮影し、投稿します!

顔ははっきりとはわからないようにしてあります。

✨この動画でお伝えすること

1 電子書籍お買い上げへのお礼

2 簡単なリュッツォの自己紹介

3 小説について少し

4 サイト運営に関する夢。現在、赤字運営ですので、有料サービス追加を検討しています。

5 最後までお付き合いいただいたお礼にペツォールトのメヌエットキーボード演奏。一般にバッハのメヌエットとして通っていますが、研究の結果ペツォールトの作曲だと判明した曲です

8分11秒です。

以上、ご視聴のほど、よろしくお願いします!😊

電子書籍・紙書籍をご購入いただいた方へのお礼

みなさん、こんにちは!

リュッツォです。

なかなかお伝えする機会がないので、この場を借りて、電子書籍や紙書籍をご購入いただいた方々への感謝を伝えたいと思います。

まずは、書籍をご購入いただいた方、もし見てくださったなら、心より感謝いたします。

誠にありがとうございます。

気に入っていただけたならなお幸いです。

また他の書籍を読んでみるきっかけを持っていただけるようなら、ますます嬉しいかぎりです。

中には全書籍買っていただく方、複数書籍を買っていただく方もいらっしゃるようで、本当に感謝しております。

電子書籍を発売するようになってから約3年が経ちました。

最初はかなり売上もよく、現在使っているサイトの経費を差し引いても、ぎりぎり黒字でした。

Kindle Unlimitedに参加したのが失敗だったのか、売上は一時期は激減しました。

再びApple Booksを復活し、Kindleもお買い上げにしたところ、若干持ち直しております。

これからもよろしくお願い申し上げます。

今はサイトが有料プランを使っており、できたら今後も有料プランを維持していきたいのですが、現在ではかなりの赤字となっております。

ですので、お買い上げを心よりお待ちしております。

出来るだけよいサービスをしたいと思っております。

また、お買い上げの感謝の気持ちを後書きなどで書籍に添えたいと思っているのですが、一冊ごとに違う後書きにしようと思っているので、まだまだ先になるかと思います。

ですから、まずはこの場を借りて、電子書籍や紙書籍をご購入いただいた読者の方に心より感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

できたら、感謝の気持ちを動画にしてサイトにアップしたいので、現在、構想を練っているところです。

このサイトもそうビジターが多いサイトではないですが、私も多勢に向けて顔を出すほどの勇気はないので、顔は髭がわかる程度か、マスク着用で感謝の気持ちをトークする形を考えております。

また、まったく話は変わりますが、小説は淡々とした感じのものを書くのが好きなのですが、本人はとてもエロいおじさんで、褌を締めるのが好きです。

顔がわからない形にはしますが、褌を締めた姿のプロフィールページなども作成したいと思っております。読者へのサービスになりますかね(笑)

そして、ついでにお話しすると、若干肌の露出をした褌画像や動画の配信サービスも考えております。

そちらにつきましては、サイトのプランがさらに上がると思うので、有料会員様のみの会員ページにしたいと思います。

どういった形にするかはまったくの白紙なので、考え次第、またこのブログでお伝えしたいと思います。

みなさん、そういった初老ゲイの配信サービス、お求めですかね?

どうでしょうか。需要があるようならやってみたいと思います。

ただ、世の中には過激な無修正のポルノなどが溢れ、多くは無料で観れますので、よほど私に興味がある方しか希望されないだろうことは重々承知しております。

こちらも探りを入れながらやっていきたいと思います!

需要がなければ潔く来年は無料サイトに移行いたします。

今日は以上です。

各地梅雨明けが発表されているようで、これから暑くなるかと思いますが、みなさん、ご自愛くださいね。

今後ともよろしくお願い申し上げます。感謝をこめて。

リュッツォ

電子書籍を買っていただいたお礼と、そしてこのブログを最後まで読んでいただいたお礼にちょっとしたサービス画像を添付いたします(笑)

初の詩集「ピーコックブルーの罪」のご紹介

みなさんこんにちは、リュッツォです。

今日は私が初めて電子出版した詩集についてのご紹介です。

私は現時点で3冊ほど詩集を電子出版しています。今回、最初に書いた「ピーコックブルーの罪」という詩集を新装版にしました。

内容は変更しておりません。校正もし、Apple Booksに復活させました!

この詩集は、まずは海への思慕から始まります。私は海沿いの町で生まれ、海沿いの町で育ちました。海に対しては特別な思い入れがあり、今でも海がとても恋しく思います。

そういった詩から始まり、最新作「夜想に耽溺する」の詩情に少し似たところもあり、通ずるところもありますが、私が感じた人生のブランクや、失敗、それから東京で過ごしたときの記憶の破片や、ロンドンでの出来事などそういったことの詩もあります。

「夜想に耽溺する」との決定的なちがいは、失敗から立ち直る前の詩集だったというのがありますかね。

この詩集は、進化論に裏付けされたことなども描かれています。

この詩集を書くにあたって、特に意識したのは海でした。そして生命。

神様というようなものがいらっしゃるのでしょうか、生命を作り出し、罪を与えた海を表現しております。

しかし、自分が生きていた証なども書き込んでしまいました。

これは人生に一度は失敗した者が感じることでもあり、年老いていくにつれて感じることだとも思います。

私は病気で長いブランクを過ごし、今はなんとか元気で過ごしています。そのような気持ちのアウトプットのつもりではあります。

海について想いを持っている方、ブランクを感じたことのある方にぜひ読んでいただきたい詩集です。

この詩集は、中高年で失敗を経験した人がある人や、夢破れた人、また、そういったことに興味がある方に特にもお勧めです。

多少、同性愛的な内容も含みます。

ボーナストラックは優しく希望の持てるものになっております。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1496904078

Kindle ↓

ピーコックブルーの罪

詳細 ↓

ピーコックブルーの罪」。リュッツォ初詩集。生命をテーマに綴った30編の詩とボーナストラック1編。字数にして1万3千字強。いわゆる現代詩の難解さはなく、どちらかというとクラシックな近代詩寄りの詩集です。瀬戸内の風景に乗せて生命をうたっています。生命が出る海への思慕などの詩です。同性愛的表現を含む作品が二、三ありますが、アダルト指定に該当するような表現ではありません。収録詩は以下。「クラゲ」、「空っぽの瞳」、「コバルト色の矢」、「オコゼ」、「サンダーボルト」、「コンコース」、「顔」、「記憶」、「オーシャンブルーのペンネーム」、「スカビオサの花束」、「青」、「森雨」、「夢反芻」、「泣き顔」、「彼女は老いて」、「神性」、「讃美歌」、「血色の媚薬」、「不穏な均整」、「タスマニアデビルの白昼夢」、「孔雀青の罪」、「薔薇の監獄」、「賽の河原のヘイトスピーチ」、「癒しフォーカス」、「恋し、幼馴染み」、「夜明けの街の水底で」、「バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ『シャコンヌ』ブゾーニ編曲に寄す」、「救済」、「いにしえとこしえ」、ボーナストラック「Picture thisに寄せて」。250円。書籍のサンプルはリンクから電子書籍を覗いてみてください!

✨現在Apple BooksとKindleで販売しておりますので、興味のある方は詳細をぜひクリックしてみてくださいね。

それでは今すぐこちらをクリックしていただけるととても嬉しいです。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1496904078

Kindle ↓

ピーコックブルーの罪

新詩集「夜想に耽溺する」

みなさん、こんにちは! リュッツォです!

わたしはゲイ小説や純文学小説を書くかたわら、詩も書いています。

近年では、どちらかというと詩に力を入れております。

金澤詩人賞の候補にもしていただいたことがあります。

今回は、新しい詩集の発表です!

わたしは2008年に精神的な病いで会社員ができなくなり、一時期は一日中部屋に引きこもって部屋から出ず、痩せ細っていく一方、という日々を過ごしました。

今は自宅でできるフリーライターの仕事をしながら細々と暮らしています。

ただ、世の中の役に立てていないという自責の念や、空虚感を抱えています。

そんなわたしがこの人生の空白期間だった12年間について振り返り、詩にした詩集を発売することにしました。

空白だったとはいえ、わたしが生きて生活していたのは事実で、そこには紛れもないリアリティがありました。

ですので、ただ暗いだけではなく、希望も見える詩集となっております。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1607707563

Kindle ↓

夜想に耽溺する

「夜想に耽溺する」。詩集。時間的な空白についての自由詩。ある男がある日、世間からはみ出してしまい、社会復帰が困難な状況にななる。長い年月、男は田舎の屋敷に母と犬とで蟄居する…。誰にでも無関係とは言えない人生の空白期間について洞察し、語った詩集です。トーンとしてはあまり明るいものではありませんが、希望が見える箇所もあります。誰もが感じる、自分は何のために生きているのだろうという疑問を抱えながらの蟄居生活で見えて来たもの、夜に物思いに耽る瞬間などについての詩集です。ストーリー性も多少ありますが、十二年に及ぶ空白の中で感じたこと、浮かんできたことを描いた自由詩になります。テーマは空白とリアリティ。二十編とボーナストラック一編。1万3千字。収録詩は「12 years」、「Then, there was you」、「コウモリの肋骨」、「バッハ、シャコンヌ・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ブゾーニ編曲に寄す2」、「雨音の水面を渡って」、「空 」、「最後の冷蔵庫」、「死、生、花」、「死んだ後のお月様」、「ブロンド・ライト」、「僧侶の結婚」、「溺れる森」、「凍森」、「夜に海」、「真夜中の祈り」、「かの女は落ち果て」、「夜想に耽溺する」、「夏の陽射し、或いは冬の」、「老いしジゴロ」、「そしてお前は咆哮す」、ボーナストラック「大晦日」。250円。書籍の冒頭は各電子書籍のサンプルをご覧ください。

✨どうぞ、よろしくお願い申し上げます!

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1607707563

Kindle ↓

夜想に耽溺する

新詩集「闘魚の戯れ」発売のお知らせ

お待たせしました。新詩集「闘魚の戯れ」の発売です。この詩集は十編の詩と、その詩の意味やニュアンスを補完するテキスト文書で構成された1万字の本になります。詩にテキストをつける、ということをやっている方がいらっしゃるのかは存じ上げませんが、わたしにとっては新挑戦。

実は小説の中に詩を挟む、という作品はひとつ未発表のものがあるのですが、テキストで補足する、というのは初めてで、ストーリーにはなっていません。

自分でも落とし所を掴みながら試行錯誤で書きました。自分で振り返ってみて、わたしの詩はクラシックで文章的ですね。もとが小説書きなのでどうしても文章で表現したくなるというのもあるのですが。

興味のある方はぜひサンプルを見ていただき、よかったらダウンロードしてくださいませ☺️

Kindleにて扱っております。

「闘魚の戯れ」。詩集。淡水、男同士の闘い、癒しなどをテーマに書いた十編の詩とその各々の詩を補完するテキスト文書から構成される文芸作品。本を通してのストーリーはありませんが、特に水をテーマにしています。また仏教の般若心経に触れている点もあります。ボーナストラック一編。現代詩というよりも意味をなす近代詩、もしくはクラシックな自由詩に近いと思います。詩とテキストの融和に挑戦した詩作品です。同性愛的な要素もあります。1万字。詩のタイトルは、「A forbidden colour」、「水と器」、「トカゲピアス」、「喜びに満ちた祈りの時間」、「不垢不浄」、「闘魚の戯れ」、「ビロードのウロコ」、「エモーショナル・イエローの雨」、「錬金術により生じた薬の復讐」、「プラチナムの聖者」、そしてボーナストラック「シルバームーン」。250円。

Apple Books ↓

http://books.apple.com/us/book/id1509623302

Kindle ↓

闘魚の戯れ